〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2005年10月01日

筆者にメッセージを送る。

このblogは、迷惑な書き込み対策
(エロメッセージ、エロトラバetc.)のため、
私がメッセージを確認して承認したもの以外
表示されない設定にしてあります。

この性質を利用して、
ここを 『筆者へのメッセージ欄』 にしようと思います。


筆者へのメッセージは、このページ下方にある
『この記事へのコメント』へ記入して、
【書き込む】をクリックしてお送りください。
お名前、メッセージは必須です。

お待ちしています。
posted by 廉 at 04:00| Comment(0) | 自己紹介・過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

コーヒーセミナー(初級編)

seminar bean

写真左:セミナーの内容が書いてあるリーフレット
写真右:コーヒー豆の焙煎の過程。焙煎が進むほど、色が濃くなるのはもちろん、豆自体が大きくなる。

スターバックスコーヒーのセミナー(初級編)に行ってきました!

【主な内容】
■コーヒーの三大産地と風味の特徴
■テイスティング方法と美味しく淹れる為の基本
■実際にアレンジコーヒーを作ってみる

でした。美味しい淹れ方は、スターバックスのホームページを参照して頂くことにして…

【印象に残った事】
■産地によって、風味&味がこんなに違うと思わなかった。
■牛乳は、ミルクフォーマーで泡立てられると甘みが増す。
■スターバックスで販売されてるお菓子「ビスコッティ」は、ラテにつけて食べると美味しくなる。

まず、豆について。セミナーでは、味に特徴のある2種を比較しました。

≪エチオピア シダモ≫
香りは、ハーブのよう。これを「フルーティな香り」と表現するそうです。飲むと、最初は一瞬ハーブティを思わせる味がして、その後スッとコーヒーの味に変わる感じ。女性に人気があるんだそうです。
≪スマトラ≫
香りから苦味が伝わってくる感じ。味は、濃いというか、重いというか…。舌に長時間コーヒーの味が残ります。これを「コクがある」と表現するそうです。ラテを作るのに良さそう(ミルクに負けない味だから)。どちらかといえば、私はこの方が好き。

そして、実際にラテを作る時間へ。といっても、コーヒープレスで作ったコーヒーに、フォームミルク(ラテの上にのってるフワフワのミルク)をのせただけですが…。実際にエスプレッソマシン(家庭用)を使うのは、上級編になってからのようです。
でも、楽しかったのは、フォームミルクを作る過程。小型のミルクフォーマーで泡立てると、空気を含んだ牛乳は2倍の量に!飲んでみると、普通の牛乳より甘みが増してる!それをコーヒーの上にのせたら、「ん〜、お店の味♪♪」
自作のラテを堪能してると、ビスコッティが配られました。ビスコッティは、それ自体は固めのナッツ入りビスケット。これをラテにつけるとやわらかくなり、コーヒーの味もつくので、普通に食べるより美味しくなります。これには、ビックリ!機会があったら、一度お試しを。

終了時、お土産が配られました。内容は…
■小型のミルクフォーマー(セミナーで実際に使用したもの)
■コーヒー豆100g(ラテを作る時に使った、コロンビア・ナリニョスプレモ)
■お菓子

ミルクフォーマーは、嬉しかった♪(1500円相当) 「これ、欲しい!」と思ってたから♪
セミナーの料金は、3000円。セミナー中にコーヒーを楽しめたし、このお土産の内容から考えて、満足しました(お土産の内容は、店舗によって変わるかもしれません)。中級・上級のセミナーも、スケジュールが合えば参加する予定です☆

sassi miyage

写真左:セミナーで使用した冊子と、スターバックスのホールビーンストア(コーヒー豆専門店)でしか入手できないパスポート
写真右:お土産の中身。お菓子は、家に帰る途中で食べてしまいました…(^^;

コーヒーセミナー(中級編)
コーヒーセミナー(上級編)

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
↑↑ 面白かったら、クリックしてください♪(^^)
ラベル:coffee スタバ
posted by 廉 at 11:58| Comment(2) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

パッヘルベルのカノン

来年の1月下旬に姪のピアノの発表会があります。そろそろ曲を決めないといけません。
「発表会で弾きたい曲、ある?」と姪に聞くと、候補は、この3曲。
■白鳥(サン=サース)
■パッヘルベルのカノン(J.パッヘルベル)
■主よ、人の望みの喜びよ(J.S.バッハ)
名前だけだとピンとこないかもしれませんが、誰もが1度は耳にしたことがある名曲です。私は、「楽譜を買わなければ…」と東京駅近くのOAZOにある丸善で探しました。

実際にピアノピースを見て、良さそうだったのが
「パッヘルベルのカノン」
■パッと見た感じ、あまり難しそうに見えない。
■「エリーゼのために」と同じレベル(B-中級)なので、姪の能力に合ってる。
■3分以内でおさまりそう。

選んでるときに、ふと目に留まったのが「ピアノピース 2週間マスター」。曲を細かく分けて、練習方法や演奏ポイントを解説。1日分の練習量も決まっていて、2週間後には全曲通して弾けるようになる(はず)というもの。普通のピアノピースには、弾き方の解説がついてないんで、「これは良い〜♪」と購入。「14日間で奇跡は起こる」って言うしね♪♪(なんか、どこかで聞いたようなフレーズ…/笑)

教えるには自分が弾けないといけないので、休日を使って練習しました(ちなみに私は、ピアノを8年間習ってました。ツェルニー30番を半分くらい終了、ソナチネアルバムを少しかじった程度ですが…)。そしたら、結構難しい。この曲は、鍵盤を小指で押えながら他の指でメロディを弾くところが多いんですが、考えていた以上に技術がいりました。

確か、去年も「見た目簡単そうだから」という理由で選んだ曲で苦労したような気が…(ちなみに、その曲は『魔女の宅急便メドレー』)。

「まさか、去年と同じ過ちを??」

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
でも、姪と一緒に頑張りまっす!!
ラベル:音楽
posted by 廉 at 16:15| Comment(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。