〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2005年10月26日

パッヘルベルのカノン

来年の1月下旬に姪のピアノの発表会があります。そろそろ曲を決めないといけません。
「発表会で弾きたい曲、ある?」と姪に聞くと、候補は、この3曲。
■白鳥(サン=サース)
■パッヘルベルのカノン(J.パッヘルベル)
■主よ、人の望みの喜びよ(J.S.バッハ)
名前だけだとピンとこないかもしれませんが、誰もが1度は耳にしたことがある名曲です。私は、「楽譜を買わなければ…」と東京駅近くのOAZOにある丸善で探しました。

実際にピアノピースを見て、良さそうだったのが
「パッヘルベルのカノン」
■パッと見た感じ、あまり難しそうに見えない。
■「エリーゼのために」と同じレベル(B-中級)なので、姪の能力に合ってる。
■3分以内でおさまりそう。

選んでるときに、ふと目に留まったのが「ピアノピース 2週間マスター」。曲を細かく分けて、練習方法や演奏ポイントを解説。1日分の練習量も決まっていて、2週間後には全曲通して弾けるようになる(はず)というもの。普通のピアノピースには、弾き方の解説がついてないんで、「これは良い〜♪」と購入。「14日間で奇跡は起こる」って言うしね♪♪(なんか、どこかで聞いたようなフレーズ…/笑)

教えるには自分が弾けないといけないので、休日を使って練習しました(ちなみに私は、ピアノを8年間習ってました。ツェルニー30番を半分くらい終了、ソナチネアルバムを少しかじった程度ですが…)。そしたら、結構難しい。この曲は、鍵盤を小指で押えながら他の指でメロディを弾くところが多いんですが、考えていた以上に技術がいりました。

確か、去年も「見た目簡単そうだから」という理由で選んだ曲で苦労したような気が…(ちなみに、その曲は『魔女の宅急便メドレー』)。

「まさか、去年と同じ過ちを??」

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
でも、姪と一緒に頑張りまっす!!
ラベル:音楽
posted by 廉 at 16:15| Comment(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。