〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2005年12月03日

コーヒーセミナー(中級編)

スターバックスコーヒーのセミナー、中級編!

【主な内容】
■コーヒーの表現 − 『香り』・『コク』の体験
■鮮度 − 挽きたてコーヒーの魅力
■挽き具合 − 抽出器具による挽き具合の違い
■コーヒー&フードペアリングのアイディア

まず、『香り』を意識する試みとして、鼻をつまみながらゼリービーンズを食べました。その時は、少し酸味を感じる程度。ところが、鼻から手を離した瞬間、フルーツの香りと味が口いっぱいに広がりました。臭覚は、味覚に大きな影響を与えることがハッキリ分かります
(香りは、コーヒーの味わいの80%を決める重要な要素)。
そして、『コク』の感覚を実感するために、無脂肪牛乳と無調整牛乳(普通の牛乳)の味比べ。無調整牛乳の舌に残るというか、まとわりつく感覚を『コクがある』と表現するそうです。

次に、『鮮度』。挽いてから日数が経過したコーヒーと挽きたてのコーヒーとの比較。古いコーヒーは、香りが薄れていて、変な苦味(えぐみ)が出ていました。新しいコーヒーは、口に含んだ瞬間いい香りが鼻にスッと通り、えぐみがありません。やっぱり挽きたてのコーヒーは美味しい♪ 「豆を挽くグラインダーが欲しい」という思いが一瞬頭をよぎるけど、「そのお金があるなら、豆を買った方がいいなぁ」と考えてしまう私(またの名を、セコ井ケチ男)。100gずつお店で挽いてもらえばいいかぁ〜。
コーヒーの大敵は、「熱・光・酸素・湿気」。この実験のために、店員さんが自分の部屋に2週間放置。コタツの中にも入れたそうです。どおりで、古い方のコーヒーには何か別の香りが付いていたような…(嘘/笑)。

最後はフードペアリング。コーヒーと何を一緒に食べるかで、コーヒーや食べ物の印象が大きく変わってしまう。豆の種類や飲み方によっても、相性の良し悪しが変わるとのこと。
《使用したもの》
◇ゴールドコーストブレンド(コクのあるコーヒー)
◇チーズケーキ
◇チョコマーブルケーキ
まず、コーヒーをブラックで飲みながら2種類のケーキを食べ比べます。すると、チーズケーキの方が美味しい♪ このコーヒーとチーズケーキは共に味の濃いもの同士なので、バランスがとれていました。それに、チーズケーキの酸味がコーヒーの苦味をおさえて、まろやかな味になります。チョコケーキは、コーヒーの味に負けていました。
次に、コーヒーに牛乳を入れてラテにしてみます。すると、今度はチョコケーキの方が美味しくなりました。チョコケーキに使われているバニラビーンズが、牛乳とマッチ。チョコも味を引き立てます。チーズケーキだと、味がクドクなってしまいます。

店員さんの話では、スタバで販売しているコーヒーで相性が良いのは…
◇ケニア           −  オレンジ、グレープフルーツ、巨峰
◇アラビアン・モカ・サナニ − チョコレート、シナモン、八ツ橋
などがあるそうです。和菓子にも合うんですね♪

【今日、ティスティングしたコーヒー】
≪グァテマラ・アンティグァ≫
私の好きな中米産特有の香ばしい香り。酸味・苦味は程よく感じられます。アップルパイ・お饅頭に合うそうです。
≪ゴールドコーストブレンド≫
苦味が強いけど、後味あっさり。コクがあるインドネシア産と香ばしくて軽い味の中米産の豆をブレンド。1987年、スタバがシカゴに出店した記念に作られたコーヒー。
チョコレート・チーズケーキ・キャラメル風味のものと相性◎。

【今日のお土産】
■コーヒー豆100g(ゴールドコーストブレンド)

コーヒーセミナー(初級編)
コーヒーセミナー(上級編)

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
上級編は、エスプレッソマシン(家庭用)を使うみたい。
うまくできるかな? 次回更新は、12/6☆


タグ:スタバ coffee
posted by 廉 at 01:15| Comment(2) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

ベジフルカルテ

野菜のソムリエ ジュニアマイスターコースの概要をまとめてみました!

≪目標≫
野菜・果物の魅力や感動を知り、自ら楽しむことができるようになる。
≪科目≫
■ベジフルコミュニケーション
  野菜・果物に接することで発見・感動したことを、自分の言葉で表現する力を身につける。
■ベジフル入門(理論編・野菜編・果物編)
  生産から流通までの知識。食べ比べを実施し、
  青果物のカルテ(ベジフルカルテ)を作成。
■ベジフルサイエンス
  青果物を食べることによる効用を学ぶ。
■ベジフルクッカリー
  調理法別の素材の変化、ポイントの概要を学ぶ。
≪資格取得の条件≫
■講義全7回中4回以上の出席
■課題(ベジフルカルテ8枚)の提出
■終了試験に合格(70%以上の得点)
不合格の場合は追試。追試は70%得点できなかった科目のみ受ける。
  追試は別料金(12,600円)。これは痛い…。合格率は、85%前後。
≪ベジフルカルテ≫
青果物の品種・産地・旬・栄養・食べた感想・料理のレシピetc.をまとめたもの。これを書き溜めていくことで、青果物の知識を蓄積していく。

カルテに書く野菜は自由に選んでいいんだけど、8枚書かなくちゃいけないのが辛い…。何にしようかかなり迷ったけど(私の好きな野菜の旬は、春〜夏だから…悲)、何とか決まりました。
◇ジャガイモ(北あかり)
◇ごぼう
◇アボカド
◇ブロッコリー
◇ルッコラ
◇アスパラガス(オーストラリア産)
◇りんご(紅玉)
◇ラ・フランス(洋ナシ)

選んだポイントは、レシピが書けるかどうか。料理本のレシピやテキストに載ってるのを写していいみたいだけど、できる限り自分のレシピにしようと考えてます。悩んでるのは、フルーツのレシピ。自作でお菓子を作ったことがないからなぁ。
「皮をむいて、食べる」で許してくれればいいけど…(笑)。

VF_book  VF_ana

■写真左:ジュニアマイスターコースのテキストと参考書
■写真右:カルテを書くのを口実にして、産地から取り寄せたジャガイモとラ・フランス。
     ついでにバームクーヘンも♪ ANAのネット通販を使いました→THE北海道(a-style)

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
講義の概要だけでなく、私のベジフルカルテも掲載していきます。
予定していた4回では収まりそうにありません♪ (^^ゞ 
次回は、12/11☆
posted by 廉 at 22:12| Comment(0) | 野菜:Jr講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

ベジフルコミュニケーション

野菜のソムリエ ジュニアマイスターコース 講義ノート#1

「野菜・果物の魅力や感動を周囲に伝えていく」という役割を実現するために必要なのは、
■青果物の個性を理解する。
■青果物に関する新しい発見や感動を見つけようとする姿勢。
■新たな発見・感動を自分の言葉で表現する。
■相手の知りたい事を理解して分かりやすく表現するには、コミュニケーション能力が必要。

コミュニケーションの重要性を理解させるためか、グループワークが多かったです。

≪グループワークの内容≫
■自己紹介
■「美味しさ」を表現する言葉・
 シチュエーションには何があるかを出し合う
■自分が体験した「青果物の感動」について、
 自分の言葉で表現してみる

≪感想≫
食べ物の味を表現するには、言葉の意味を正確に理解している事が必要だと私は考えています。例えば、「まったりした」とはどんな味か。「えぐみ」とはどんなものか。「それらがハッキリ感じられる食材を食べてみる事で体感的に理解する内容なんだろうなぁ〜」と勝手に想像していました。
しかし、テキストを見ても味の表現に関する詳細は載ってなく、講義もこれに関しては具体的にふれませんでした。「感動を自分の言葉で表現しよう!」といっても、どうしていいかよく分かりませんでした。
英語がよく分かってないのに「感動を英語で表現せよ!」と言われたような感じで…。

先生は明るくて印象が良かっただけに、残念です。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
課題のベジフルカルテ作成に追われてます☆
posted by 廉 at 13:57| Comment(0) | 野菜:Jr講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。