〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年02月02日

遠く遠く


『遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように
   力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい』


〜槇原敬之作詞・作曲 “遠く遠く” より〜

この曲は、最近NTTのCMで使われているので、耳にしたことがある方も多いでしょう。私は、このCMを見た時、「うわっ、ずいぶん懐かしい曲がながれてるなぁ〜♪」と思いました。
“遠く遠く”は、92年発売のアルバム『君は僕の宝物』の中に入ってます。これ以外にも槇原敬之(以下マッキー)のベスト盤的なアルバムにも入ってます。マッキーファンには、馴染みの深い曲だと言えるでしょう。

「東京での生活に慣れてきたとき、故郷から同窓会の通知が届く。今は同窓会に行けないけど、いつか皆に連絡しなくても、僕が元気でいる事が分かるような人間になるから」という思いを歌った曲。92年は、私が社会人1年目の年。だから、心にグッとくるものがありました。

makky

■写真:『君は僕の宝物』のジャケット写真

『君は僕の宝物』は、私が唯一持ってるマッキーのアルバム。購入したキッカケの一つは、
“レコード会社のプロモーション戦略にはまってしまった”から。
電車の車内広告が同じ会社・商品でいっぱいの時がありますよね?ある日私が電車に乗ったら、車内が上の写真で埋め尽くされてたわけで…。この電車に30分ほど乗ってた私は、その後マッキーの顔が頭から離れなくなりました。何をしていても、フッとマッキーの顔が頭をよぎる瞬間があるんです。で、CD屋に立ち寄ったときにこのアルバムを手にしました。これにはマッキーの曲の中で私が一番好きな『もう恋なんてしない』が入ってました。
「よし、買おう! だからマッキー、仕事に集中させてくれ!!」
そう念じながら購入。でも、この事があったから“遠く遠く”に出会えたわけで、結果的には◎でした。このアルバムで好きな曲は、上記2曲の他ではタイトルになってる『君は僕の宝物』です。

“遠く遠く”は、’06ヴァージョンとして2月発売のニューアルバム
LIFE IN DOWNTOWN
iconの中に入ってます。どう変わってるのかな?
“公衆電話”という歌詞が“携帯電話”になってたりして♪

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
どうです? 皆さんも純朴な“槇原ワールド”へ♪
タグ:音楽
posted by 廉 at 10:06| Comment(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

ラ・フランス

ラ・フランス 〜廉ちゃんのベジフルカルテ#3〜
   ※実際のカルテの構成とは多少変えてあります。

≪氏・育ち・ころ・たて≫
■品目  ‥ ナシ
■分類  ‥ バラ科 ナシ属
■品種  ‥ ラ・フランス(西洋ナシ)
■原産地 ‥ 中国・南西部
■生産地 ‥ 西洋ナシは、少雨・温暖地が適している。
         日本国内の主産地は、山形・青森・岩手・長野。
■美味しい時期  ‥ 11〜12月。12月は、値段も手頃になる。

▼実際に私が使ったもの
   山形県と東根市の農家直販。食べ頃を見計らい出荷。

≪品質≫
■外観  ‥ 「いびつな形の青リンゴ」のよう。
■嗜好性 ‥ 舌触りが滑らか。パターペアとも呼ばれる。果肉は緻密で柔軟。多汁甘味。
■用途性 ‥ 生食や洋菓子の素材として利用されることが多い。
■保存性 ‥ 冷蔵庫に入れると呼吸量が減り、追熟しないので避ける。
         暑すぎず寒すぎない室内に置いて追熟を待つ。
■栄養性 ‥ カリウム   血圧を正常に保つ。
         食物繊維  日本なしよりやや多い
         ビタミンB1

≪ポイント≫
■良品‥果は大きく、バランスのよい形をしていて、みずみずしいもの。
    痛んでいるのでなければ、見た目のきれいさなどの外見の状態は、味とは関係ない。
■食べ頃‥判断が難しい
       皮の色が全体的に青い色から茶色に変わる。
       軸が乾いて茶色になる。
       果実上部(軸のまわり)を軽く押して少し柔らかくなった頃。

≪コメント≫
青果売場に並んでるラ・フランスを見て、その形・色で避けている方もいるかもしれませんが、
ラ・フランスは、「大事なのは外見より中身!」を地でいく果物です。

西洋ナシは、収穫後追熟させないと食べ頃になりません。メロンと同じ。食べ頃を見極められれば、口いっぱいに甘い香りと味が広がる。しかし、未熟だと果肉が硬めで甘みが少ない。熟しすぎると果肉の色が黒ずんでしまい、味も落ちる。「ラ・フランスは美味しくない」と思っている方は、食べ頃のラ・フランスを体験していない可能性があります。

ベジフルカルテを書くにあたり、スーパーで買うのはもちろん、生産農家からも取り寄せて、20個ほどのラ・フランスを使って食べ頃の見極めの練習をしたんですが、なかなかうまくいきません。でも、食べ頃を当てた時は“至福のひととき”でした♪
レシピですが、かなり強引に作ったものなので、ここに書く気になりません。調理に使うより、
食べ頃のラ・フランスを生食するのが、一番美味しく食べられる方法だと考えています。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
ラ・フランスの皮をむくときは、食べ頃の判断が正しいか
いつもドキドキします☆
posted by 廉 at 12:51| Comment(0) | 野菜:カルテ&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

15秒早い(浦安’06)

東京ベイ浦安シティマラソン・レース中の心境


≪start時≫
 おおっ、グーフィーがいる♪ グーフィー、俺頑張っちゃうからね〜!!
≪5km(業平橋付近)≫
 道がなかなか空かない‥。この分だと中間点過ぎるまで思うように走れそうにないなぁ。それまでは、1km:4分40秒で抑えめに走って、体力温存しとこう!
≪10km(入船橋付近)≫
 やっと走りやすくなってきた(ホッと一息)。運動公園までは1km:4分30秒くらいで走って、ディズニーリゾート付近で1km:4分20秒までスピードを上げよう!
≪17km(第2折り返し付近)≫
 ここから風に乗ってペースアップ!‥といきたいけど、今のペースを維持するので精一杯。さっきよりペースが落ちてきた気がするし。1km:4分20秒は無理かぁ。スピード練習をやってないし。でも、なんとか踏ん張れば、1時間40分は切れそう。

こう考えながら走ってました。結果は、想像以上のタイムでした。1kmのラップは、考えてたより15秒前後早い。去年の大田原マラソンでも、中間地点までは同じでした。
走るのが習慣になり、一定ペースで走る練習を繰り返していくと、「このくらいの強度で走れば大体×分××秒ペースだろう」というのが分かってきます。でも、最近この感覚とレースでのラップのズレが大きいです。練習だと、ほぼピッタリなんですが‥。レースでは、気持ちが高揚しているし、車や歩行者の事を意識せず走れるから気が楽という理由もあります。それと、体全体を使って走る事を意識するようになったのが大きいかもしれません。

去年の長野マラソン後、膝痛を直すため半年間走りませんでした。その間に参加したアシックスシューズのキャンペーンで、偏平足ぎみであることが判明(特に左足)。私がいかに足裏のキック力を使えてなかったか、利き足である右足の力に頼った走りをしていたか分かりました。
≪ランニングを再開した時から意識し始めた事≫
●両足に均等に力をかける
●足全体(足裏から太腿裏まで)・お尻の筋肉・腹筋を使って走る
   (→ 膝や一部の筋肉だけに負担がかからないように)
これを続けているうちに、腕の振りを前への推進力に変える感覚も分かってきた気がします。後は、よくランナー向け雑誌で時々目にする「地面からの衝撃を推進力に変える感覚」がつかめればなあと考えてます。

「××を○○に変える‥」って、なんか『うえきの法則』みたい(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
ディズニーキャラクターの中では、グーフィー&ドナルドが好きです☆
posted by 廉 at 13:45| Comment(0) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。