〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年03月27日

徳谷チェリートマト

〜廉ちゃんのベジフルメモ#1〜

先週の金曜の夜、部屋のインターホンが鳴る。出てみると、「宅急便です!」の声。
「自分に届く物なんてあったっけ?」と思いながら玄関の扉を開く。
宅急便の方が手にしていたのは、だいぶ前に注文していたフルーツトマトでした。
すっかり忘れてた…(笑)

箱に貼ってある伝票には、
受付日:1/28  出荷予定日:2/2
お届けご希望日:3/24と書いてありました。
「おいおい、こんなに遅い日を希望してないぞ〜(^^;」

徳谷のフルーツトマトは、とても人気があります。なかでもチェリートマトは予約が殺到していて、
販売元のフルーツショップオザキさんのホームページを見ると、
なんと“1ヶ月半待ち”の状態!!
これでは、仕方ない。それに、青果市場の方から、「今年のトマトは天候不順で収穫量が少ない」という話を聞いていたので、その影響もあるだろう。

ふたを開けると、フルーツトマトが箱いっぱいに入ってました。
大きさは、ネットで見たものより小ぶり。ブドウのデラウェア〜巨峰といったところ。
天候不順の影響が出ているのかな?

早速、1つ食べてみる。第一声は…
「素晴らしい!! やはり、フルーツトマトは、この味でなきゃいけないんだよ。ウン。」
単に甘いだけでなく、トマトが持つコクがある。それに適度な酸味が加わる。
「フルーツみたいだけど、やっぱり野菜」と思うのは、コクと酸味を感じた時。
甘さ・コク・酸味のバランスのよさが、美味しさに繋がっています。

それに、通常、フルーツトマトの皮は固いので、皮を剥いて使いますが、
チェリートマトはその必要なし!!  ミニトマト感覚で食べられます。
まさに、トマトの良さが凝縮された逸品。

数年前、初めてフルーツトマトを食べた時の感動を思い出しました。サカタのタネの通販で初めて買ったんですが、その味に完璧にハマリ、2ヶ月間で3kg以上たいらげました。
翌年も注文しようと思ったのですが、価格が前年の2倍近くまで跳ね上がってしまったので断念。しばらくこの味から遠ざかっていました。
最近スーパーでも見掛けるようになりましたが、この味にはめぐり会えません。
「ミニトマトのほうが美味しい」と感じる事もしばしば。
徳谷のフルーツトマトの美味しさは、生産者の技術の高さと努力の賜物と言えるでしょう。

cherrytoma_a  cherrytoma_b

■写真左:約2ヶ月間待ったかいがあった“徳谷チェリートマト”。
■写真右:久々に作った“冷製パスタ”。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
 本物の味に出会えるのは、本当に幸せ♪
タグ:トマト メモ
posted by 廉 at 10:50| Comment(0) | 野菜:カルテ&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。