〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年12月22日

洋なし『ラ・フランス』

〜廉ちゃんのベジフルメモ#6〜

ixy 048.jpg ixy 050.jpg

11日にa-style東北空港店から、ラ・フランスが届く。
『食べ頃:12/13頃〜』になってましたが、実際に手で触ってみて、
「来週以降でないと美味しくなさそうだ」と感じる。
それ以来、毎日追熟度合いを手触りで確認。
昨日、試しに1個食べてみる。
「硬めの肉質が好きな人には良いと思うけど、柔らかいのが好きな人には、まだ早いなぁ」という状態。
残り9個が一度に食べ頃になられても食べきれないので、
冷蔵庫を使って上手に調整しないといけない。(←これ、結構難しい…)


ラ・フランスは、食べ頃の見極めが難しい果物。
樹上で成熟せず、収穫後に追熟させないと美味しくなりません。
食べるのが早すぎると果肉が硬くて甘みも少ない。
遅すぎると、果肉が黒ずんできて味も落ちます。
でも、食べ頃をピッタリ当てた時には、
とろけるような舌触りと芳醇な香りが楽しめます。


追熟の適温は、15〜20℃。これより高くても低くても追熟が進みません。
だから、私の部屋の温度は、16〜18℃に保たせています。
20℃になると、外気を入れて、部屋を冷やしています。

一般的に洋ナシは、皮の色が黄変して香りが強くなってきた時が食べ頃と言われています。
でも、ラ・フランスは、皮の色の変化が少ないので、分かりづらいです。
熟度の見極めは、手触りに頼るしかないように思います。

【私が食べ頃と判断する時】
全体を優しく触ってみてしっとりと手に馴染み(硬めの桃のような感覚)、軸の周りと果肉下部が少し柔らかくなってきた時。

スーパーなどで、食べ頃の日にちが書いてあるものがありますが、
それよりも3日〜1週間後が美味しい事が多いです。
(17℃前後の冷暗所で保存した場合。冷蔵庫に入れてしまうと、追熟が進まないので注意)

【購入する時の注意点】
「軸の周りと果肉下部が少し柔らかくなってきた頃が美味しい」という知識が、浸透しつつあるのは良い傾向です。
でも、スーパーで並べてあるラ・フランスを強く押しすぎて痛ませている人がいます。いくら良品を選びたいからといっても、これは、問題ありです。残念ながら、この手の人はいなくならないので、販売店では、

▼ズッシリとした重さがある
▼軸がしっかりしていて、乾いて茶色くなっている
▼キズのないもの

を選んで、お家で追熟させて食べましょう。
痛んでいなければ、皮の色は、味の良し悪しとは関係ありません。

お歳暮やお土産でたくさん貰った場合、
同時期に多くの果実が追熟完了してしまう可能性があります。
その場合、追熟完了果を冷蔵庫に入れて食べ頃を延長するワザがあります。でも、延長できたとしても、美味しいのは5日間くらいなので、
できるだけ早く食べましょう。

日本における生産量NO.1は、山形県。
山形県が運営する農業情報サイト『やまがたアグリネット』の中に、
ラ・フランスをはじめとする西洋梨についての詳しい資料が掲載されています。興味のある方は参考になさってください。
西洋なし豆知識(西洋なしバイヤーズマニュアル)

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
ラ・フランスがお店に出回るのは、X’mas頃まで。
この記事、もう少し早く書けばよかったですね…。
posted by 廉 at 17:49| 野菜:カルテ&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。