〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2009年06月07日

実るプロジェクト vol.9

6/6(土)、
VMCの人気講座、『実るプロジェクト』に参加してきました!!
前回開催されたのが去年の8月だったので、なんと10ヵ月ぶり。
久しぶりに田中先生の元気な声が、教室に響きわたりました。


今回のテーマは、『盛りつけ』。講義は、

■フードコーディネーターである田中先生が、料理の写真撮影を
 する際に実践しているテクニックの一部を伝授。
■盛り付けに使用する料理5品の調理デモ。
■参加者全員で、自分なりの盛り付けをしてみる。

という流れで進んでいきました。

ちなみに、私の盛り付けはこんな感じ。
(このblogの全ての写真は、clikすると拡大します。)

ixy 09a_ 030.jpg ixy 09a_ 031.jpg

海老を立たせるのに、苦労しました…。
綺麗に盛り付けは難しいですが、結構楽しくて、熱中♪♪
参加した皆さんの盛り付けも個性豊かで楽しかったです。

この海老、ちょっとありえない立ち方をしてませんか?
それは、海老の裏に短い爪楊枝が刺してあり、
それを下に敷いてある枝豆とつないでいるからです。
(これは、先生からのアドバイスです。
 海老が上を向いていないと美味しそうに見えないからと。)

よく見ると、海老の背中の皮が割れている部分がありますが、
気にしないように…(^-^;;;


講義を通じて、
チラシやカタログで使われている料理の撮影には、
様々な工夫が施されているんだという事を再確認できました。

これからは、普通の人とは違う視点から
料理の写真を見ることができそうです。

そして、色どりよく綺麗で美味しそうな盛り付けを意識して
料理する練習をもっとした方がいいなと思いました。

頑張ろう!! p(^-^)q

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

講座終了後、教室に何気なく残り、余っていた料理&素材の一部を
さりげなくつまみ食い♪
(↑えっ?? 「堂々と」では? (滝汗))

「食べた分は働いておこう!」と
教室の後片付けを少々お手伝いしていたら、
今回講座のアシスタントをされた皆さんとともに
食事に誘われました♪♪ \(^o^)/

その場所は、タイ料理の店。
私がタイ料理を食べるのは、2回目。
1回目は、『実るvol.8』で田中先生が作ったタイ料理。

ゆえに、私がタイ料理の味を判定する基準にしているのは、
田中先生の料理ということになっているんですよ♪


食べた中で美味しかったのは、
ラーメンみたいなやつと、くわいのデザートでした。
(↑食べるのに夢中で、名前を覚えてないという…(^^ゞ)


食事をしながら、
田中先生の仕事のお話を聞いていて思ったのは、

「田中先生は、高いプロ意識を持った人達の能力を活かすための
 仕組み作りが本当にうまい」

という事です。

そして、野菜ソムリエがこの資格を活かしていけるように考えて、
色々助言してくださる田中先生に、心から感謝しています。


次回、先生にお会いするのは、東京or名古屋か分かりませんが、
その日を楽しみにしています。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
〓関連リンク〓
【私が執筆した記事】
実るプロジェクト vol.1
‥記念すべき第1回。テーマ:『じゃがいも』
実るプロジェクト vol.2
‥テーマ:『季節の野菜(たけのこ中心)』
実るプロジェクト vol.5
‥ベジフル協会HPに掲載されたもの。
テーマ:『きのこ&オリーブオイル』
実るプロジェクト vol.6 (食育編)
実るプロジェクト vol.6 (調理編)
‥テーマ:『大根&食育を伝える』
【編集後記】実るプロジェクトvol.5&6
‥vol.5 & 6 の雑感。
実るプロジェクト vol.8
‥テーマ:『アジア料理(タイ・ベトナム系)』

【名古屋VMC】
『野菜ソムリエ的 カンキツ攻略法』
‥「田中先生に元気を貰いに行こう!!」と
今年の3月に、田中先生が講師をした名古屋のVMCに参加しました。
この講座のワークショップ(食べ比べ)で使われた
『タロッコオレンジ』は、私が持参したものなんですよ♪
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
また、勉強しに名古屋へ行きます!!
高速バスで♪ (懲りない奴…☆)




posted by 廉 at 21:13| Comment(4) | 野菜:クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

その後の金時草(来たぜ、加賀野菜 vol.3)

去年の9月、挿し木した金時草。
あれからどうなったんでしょう??
気になる方が若干いらっしゃるかもしれないので(笑)、
その後の様子をアップします。

【9/21】 挿し木した直後。
ixy08 072.jpg

【10/10】 根が生えてきた2本を植えかえ。
ixy08 101.jpg

ixy08 102.jpg ixy08 103.jpg

【10/20】           【11/16】
ixy08 107.jpg ixy08 050.jpg

【12/25】 葉がしっかりしてきた。
ixy 09- 003.jpg

 金時草は寒さに弱いので、どうやって越冬させるかが問題。
部屋の窓辺に置き、晴れた日中には外に出し、
できるだけ日光にあてました。そして…。

【3/16】 見事に越冬!!
ixy 09_ 008.jpg

冬の間はほとんど茎が伸びなかったんですが、
春の訪れとともに急成長。

たま〜に摘み取って食べてます。
ixy 09_ 052.jpg

【6/9】 そして、今の状態。
ixy 09a_ 035.jpg

栽培方法が分からないまま育てたのに、
ここまで成長してくれた金時草の強い生命力に感服します。
でも、もう少し上手に育てたいな。

そろそろ、根が鉢全体にまわってきたので、植えかえます。
わき芽が長く伸び、そこに葉がつくので、
次に収穫した後、強めに剪定してみよう。

金時草(きんじそう)

加賀野菜の一つ。
熱帯アジア原産 キク科の多年草。
葉の表側は緑色。裏側は紫色。茹でるとヌメリが出る。
主に、おひたしや酢の物にして食べられている。

絞り汁は鮮やかな紫色。紫の色素の成分は、
抗酸化作用が期待されるアントシアニン。

また、場所によって、呼び名が異なる。
▼ 石川県‥キンジソウ
▼ 熊本県‥スイゼンジナ
▼ 沖縄県‥ハンダマ

繁殖は、主に挿し木で行われる。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
〓関連リンク〓
加賀野菜のプリンス 北形謙太郎より
‥北形店長のblog
“いいね金沢”加賀野菜
‥金沢市農産物ブランド協会の『加賀野菜』公式サイト

【私が執筆した記事】
加賀野菜を学ぼう
‥ベジフル協会HPに掲載されたもの。

るっ、ルビーロマンだぁ♪(来たぜ、加賀野菜 vol.1)
加賀れんこんと金時草(来たぜ、加賀野菜 vol.2)
奥能登の野ぶき、かたは、そして三方原の馬鈴薯。(来たぜ、加賀野菜 vol.4)
‥このblog掲載記事
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
最近、アブラムシが葉につくようになったので、
毎日霧吹きで吹き飛ばしています☆
posted by 廉 at 20:33| Comment(0) | 野菜:日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

6月のGreen table〜アスパラガス〜(新田さんの料理サロン)

6/11、野菜料理研究家・新田美砂子さんの料理サロン
Green tableに参加しました!!

≪6月のテーマ野菜≫
▼アスパラガス(グリーン・ホワイト・紫)
  ‥洞爺湖サミットで使用された
    北海道・滝本農場のものを紹介。
▼ルバーブ
  ‥シベリア原産のタデ科の野菜。
   漢方薬として知られている大黄(ダイオウ)の仲間。
   形はフキに似ている。長さは、60〜100cm。
   茎の色は、赤紫or緑。強い酸味がある。
   「パイプラント」とも呼ばれ、
   欧米ではジャムやお菓子に利用されている。


私は、今回使用するアスパラガスを一足先に入手!!

ixy 09a_ 012.jpg

オフィス・オッティモさんで販売している、
滝本農場のホワイトアスパラ。
なんと、有機JASマーク付き!!


ixy 09a_ 017.jpg

瑞々しく綺麗。
私は皮を包丁で剥いているんですが、
こんなに皮が剥きやすいアスパラは初めてでした。
(この教室の後、
ピーラーで剥く方が楽という事に気づきました…(^^ゞ)


ixy 09a_ 014.jpg

茹で方・保存方法etcが書かれたレシピも付いてきます。

でも、それだけでなく、実際に美味しく調理する様子を
この目で見たいですよね♪


今回の教室は、

▼アスパラガスの種類・下処理・食べ方・見分け方。
▼ルバーブの紹介・使い方
▼旬のお勧め野菜
      (三方ヶ原じゃがいも・足摺レッドオニオン)

のお話の後、調理デモ、アスパラガス3種の試食、
出来あがった料理&ワインを楽しむという流れで進みました。


■本日のテーマ野菜と旬のおすすめ野菜の数々。

ixy 09a_ 037.jpg

アスパラ3種。こんなに良いものは、なかなか無いですよ♪♪
アスパラは、太い方が柔らかくて甘いです。

≪選ぶポイント≫
・穂先がしまっている。
・茎の太さが均一でしなびていない。
・穂先の紫色は、その生産地の旬の真っ最中(美味しい時期)に
 収穫されたことを表わしている(グリーンアスパラの場合)。


ixy 09a_ 038.jpg

左側のカゴの野菜は、中村敏樹先生の畑で収穫された
ズッキーニ、レタス、トマトetc.
最近、丸いズッキーニもよく見かけるようになりましたね。
色々な形があって楽しいです。


ixy 09a_ 039.jpg

じゃがいもは、三方ヶ原(みかたがはら)産。
キメが細かくホクホクしていて、香りも豊か。
新じゃがとは思えません。
「じゃがいも好きは知っている」と言っていい品種ですね♪

右にある長細いものは、レタスの一種。茎を食べます。
ステムレタス、茎ぢしゃ、山クラゲetc.様々な名前がついてます。
レタスの和名『乳草(ちしゃ)』の由来は、
栽培中のレタスの茎を切ると、断面から白い汁が出てくる事から。


赤玉ねぎは、土佐清水市で生産された『足摺レッドオニオン』。
土佐清水市では、新品種の青果物の試作を市役所職員が
行っています。それが軌道に乗ったら、希望する農家を集めて
栽培を広げていこうという取り組みをしています。


■焼きアスパラ3種の食べ比べ。左から、紫・白・緑。
 
ixy 09a_ 042.jpg

「あれ、紫のアスパラはどこ?」
と思われるかもしれませんが、一番左です。
紫アスパラの色は、加熱すると飛んでしまうんです…。
味は、緑のものより甘みが強いです。


■出来あがった料理(デザートを除く)

ixy 09a_ 041.jpg


〓ホワイトアスパラと帆立のレムラード風〓

ixy 09a_ 045.jpg

茹でたホワイトアスパラとサッと湯通しした生食用ホタテに
レムラードソースをかけて。
レムラードソースは、マヨネーズにマスタード、ピクルス、
ケイパー、香草の刻んだものなどを加えたもの。
マヨネーズを手作りしてみたくなりました。


〓ホワイトアスパラの冷製ポタージュ〓

ixy 09a_ 043.jpg

ホワイトアスパラの硬い根元の部分をクタクタになるまで
茹でて作成。アスパラガスは、根元の部分が甘みが強い。
この甘みを堪能できる。

「根元は硬いから…」と捨ててしまうのはもったいない!!
そう実感できます。


〓グリーンアスパラのビスマルク風〓

ixy 09a_ 044.jpg

野菜がメインディッシュになれる料理。
温泉たまごを崩していただきます。
イタリア人好みのシンプルな食べ方だそうです。
これ、わたしも大好きです♪♪


〓ルバーブのフランパイ〓

パイの上に塗られたジャムだけでなく、
アパレイユ(流動状の生地)にもルバーブが入っています。
しかし、この酸味は独特…。
ジャムには、白ワイン・ワインヴィネガーが使用されていて、
「大人向けのジャム」になっていました。

ルバーブは食物繊維が豊富なので、
「硬いのでは?」というイメージがありました。
でも、1〜2cmの輪切りにして20分ほど煮れば、
ジャムができるんですね。これは驚き。

ここでお詫びがあります。
帰宅後に気づいたんですが、今回、なぜか、
ルバーブ関係の写真を1枚も撮影してないという大失態をして
しまいました!! という事で、この料理の写真はありません。
すみません‥m(_ _)m


〓宝水ワイナリー ケルナー〓

ixy 09a_ 040.jpg

気を取り直して、ワインの話を。

新田さんが、「アスパラガスに合うワインを…」と選んだのが、これ。
北海道岩見沢市にある小さな小さなワイナリーである
『宝水ワイナリー』が醸造した白ワイン。
フルーティで甘い香りが豊か。

ケルナーというブドウ品種は、ドイツにおいて、
トロリンガーとリースリングの交配により育成された品種。
耐寒性に優れています。

最近、リースリングというブドウ品種に縁があります。
今年のワールドワイン春祭り2009の抽選会で私が当てたのも
リースリングの白ワインでしたから。

冬に積雪が2mを超える土地でのワイン作りは、
私達の想像を超える苦労があるでしょう。
ワイン作りをする人々の思いと、葡萄&ワインを育む風土が、
その土地ならではの味を作っていきます。

ワインが作られていく過程&背景をも読み取れる感性が持てる
人間になるのが、私の将来の目標の一つです。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

さてさて、

「せっかく料理教室に通ってるんだから作ってみなきゃ」

という事で、
5月に習った「パセリとトマトのシンプルサラダ」を応用して、
滝本農場のホワイトアスパラガスを使ったサラダを作りました。

ixy 09a_ 018.jpg

黄色いトマトにオークリーフレタス、
ホワイトアスパラにパセリ。これにハムを加えておかず感up!!
(この写真で使ったのは、鎌倉ハムのハムの切り落としです。
噛みしめると普通のハムより肉の味がちゃんとありました。
へたな肉より美味い!!)


新田さんの料理サロンは、料理の勉強だけでなく、
美味しい素材にも出会えるので、良いです。
入手先も教えていただけるし。
来月も楽しいお話を期待しています!!


≪7月のGreen Table≫  7月9日(木)、10日(金)開催

■生じゅんさい(秋田産)
■パプリカ
■ブルーベリー        etc.

※このblogのすべての写真は、クリックすると拡大します。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
〓関連リンク〓
Green table 詳細
‥教室の申込み、問い合わせ先
コートヤード ― 野菜&果物のある食卓 ―
‥新田美砂子さんのHP
【レポート】6月のGreen table(新田さん執筆)
‥ルバーブの写真は、こちらで閲覧できます。


≪今回使用した素材の入手先≫
Mercato Ottimo 〜北海道からイタリアの香りとおいしい野菜を〜
‥アスパラガス、発酵バターetc.の販売
[宝水ワイナリー]
‥現在、ホームページのリニューアル中。

≪今回使用した素材に関する新田さん執筆のレポート≫
                         (コートヤードHPより)
貴婦人のようなホワイトアスパラガス
‥滝本農場のアスパラガスについて
じゃがいも三者三様
‥三方原じゃがいもの産地レポート
南国土佐の太陽
‥土佐清水市での取り組み(赤たまねぎ・パインetc.)

≪5月の Green table の様子≫
新田さん執筆 (コートヤードHPより)
私が書いたもの
‥5月のテーマは、トマト&レグメス野菜。

≪その他≫
野菜ソムリエとお仕事〜主婦から野菜生活コーディネータへ〜
‥2007年5月に開催された新田さんのVMC講座のレポート
10数年ぶりの再会
‥リースリングの品種特性について書いてあります。
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
生じゅんさいは大好きなので、楽しみ♪
パプリカのお寿司も気になります☆
posted by 廉 at 05:44| Comment(0) | 野菜:日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。