〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年02月03日

ラ・フランス

ラ・フランス 〜廉ちゃんのベジフルカルテ#3〜
   ※実際のカルテの構成とは多少変えてあります。

≪氏・育ち・ころ・たて≫
■品目  ‥ ナシ
■分類  ‥ バラ科 ナシ属
■品種  ‥ ラ・フランス(西洋ナシ)
■原産地 ‥ 中国・南西部
■生産地 ‥ 西洋ナシは、少雨・温暖地が適している。
         日本国内の主産地は、山形・青森・岩手・長野。
■美味しい時期  ‥ 11〜12月。12月は、値段も手頃になる。

▼実際に私が使ったもの
   山形県と東根市の農家直販。食べ頃を見計らい出荷。

≪品質≫
■外観  ‥ 「いびつな形の青リンゴ」のよう。
■嗜好性 ‥ 舌触りが滑らか。パターペアとも呼ばれる。果肉は緻密で柔軟。多汁甘味。
■用途性 ‥ 生食や洋菓子の素材として利用されることが多い。
■保存性 ‥ 冷蔵庫に入れると呼吸量が減り、追熟しないので避ける。
         暑すぎず寒すぎない室内に置いて追熟を待つ。
■栄養性 ‥ カリウム   血圧を正常に保つ。
         食物繊維  日本なしよりやや多い
         ビタミンB1

≪ポイント≫
■良品‥果は大きく、バランスのよい形をしていて、みずみずしいもの。
    痛んでいるのでなければ、見た目のきれいさなどの外見の状態は、味とは関係ない。
■食べ頃‥判断が難しい
       皮の色が全体的に青い色から茶色に変わる。
       軸が乾いて茶色になる。
       果実上部(軸のまわり)を軽く押して少し柔らかくなった頃。

≪コメント≫
青果売場に並んでるラ・フランスを見て、その形・色で避けている方もいるかもしれませんが、
ラ・フランスは、「大事なのは外見より中身!」を地でいく果物です。

西洋ナシは、収穫後追熟させないと食べ頃になりません。メロンと同じ。食べ頃を見極められれば、口いっぱいに甘い香りと味が広がる。しかし、未熟だと果肉が硬めで甘みが少ない。熟しすぎると果肉の色が黒ずんでしまい、味も落ちる。「ラ・フランスは美味しくない」と思っている方は、食べ頃のラ・フランスを体験していない可能性があります。

ベジフルカルテを書くにあたり、スーパーで買うのはもちろん、生産農家からも取り寄せて、20個ほどのラ・フランスを使って食べ頃の見極めの練習をしたんですが、なかなかうまくいきません。でも、食べ頃を当てた時は“至福のひととき”でした♪
レシピですが、かなり強引に作ったものなので、ここに書く気になりません。調理に使うより、
食べ頃のラ・フランスを生食するのが、一番美味しく食べられる方法だと考えています。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
ラ・フランスの皮をむくときは、食べ頃の判断が正しいか
いつもドキドキします☆
posted by 廉 at 12:51| Comment(0) | 野菜:カルテ&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

〓 「悲しみなんて笑い飛ばせ」45秒LIVE映像 〓
                  歌:FUNKY MONKEY BABYS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。