〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年02月05日

15秒早い(浦安’06)

東京ベイ浦安シティマラソン・レース中の心境


≪start時≫
 おおっ、グーフィーがいる♪ グーフィー、俺頑張っちゃうからね〜!!
≪5km(業平橋付近)≫
 道がなかなか空かない‥。この分だと中間点過ぎるまで思うように走れそうにないなぁ。それまでは、1km:4分40秒で抑えめに走って、体力温存しとこう!
≪10km(入船橋付近)≫
 やっと走りやすくなってきた(ホッと一息)。運動公園までは1km:4分30秒くらいで走って、ディズニーリゾート付近で1km:4分20秒までスピードを上げよう!
≪17km(第2折り返し付近)≫
 ここから風に乗ってペースアップ!‥といきたいけど、今のペースを維持するので精一杯。さっきよりペースが落ちてきた気がするし。1km:4分20秒は無理かぁ。スピード練習をやってないし。でも、なんとか踏ん張れば、1時間40分は切れそう。

こう考えながら走ってました。結果は、想像以上のタイムでした。1kmのラップは、考えてたより15秒前後早い。去年の大田原マラソンでも、中間地点までは同じでした。
走るのが習慣になり、一定ペースで走る練習を繰り返していくと、「このくらいの強度で走れば大体×分××秒ペースだろう」というのが分かってきます。でも、最近この感覚とレースでのラップのズレが大きいです。練習だと、ほぼピッタリなんですが‥。レースでは、気持ちが高揚しているし、車や歩行者の事を意識せず走れるから気が楽という理由もあります。それと、体全体を使って走る事を意識するようになったのが大きいかもしれません。

去年の長野マラソン後、膝痛を直すため半年間走りませんでした。その間に参加したアシックスシューズのキャンペーンで、偏平足ぎみであることが判明(特に左足)。私がいかに足裏のキック力を使えてなかったか、利き足である右足の力に頼った走りをしていたか分かりました。
≪ランニングを再開した時から意識し始めた事≫
●両足に均等に力をかける
●足全体(足裏から太腿裏まで)・お尻の筋肉・腹筋を使って走る
   (→ 膝や一部の筋肉だけに負担がかからないように)
これを続けているうちに、腕の振りを前への推進力に変える感覚も分かってきた気がします。後は、よくランナー向け雑誌で時々目にする「地面からの衝撃を推進力に変える感覚」がつかめればなあと考えてます。

「××を○○に変える‥」って、なんか『うえきの法則』みたい(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
ディズニーキャラクターの中では、グーフィー&ドナルドが好きです☆
posted by 廉 at 13:45| Comment(0) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

〓 「悲しみなんて笑い飛ばせ」45秒LIVE映像 〓
                  歌:FUNKY MONKEY BABYS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。