〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年04月22日

長野、雑感。(大会当日)

長野マラソンの回顧録。当日(4/16)の様子です。

4.空を見上げると…


翌朝、カーテンを開けると、雲の切れ間から日差しが差し込んでました。
「天気、良くなりそう♪ よっしゃあー!!」
雨用のウェアから晴れ用のウェアにナンバーカードを付け替える。
その作業が楽しい。
“雨の中で走らなければならない”という憂鬱な気持ちから解放されたからだろう。

朝風呂に入り、念入りにストレッチ。ゆっくり朝食を食べた後、会場へ出発!! 北長野駅からスタート地点の“長野運動公園”に向かって歩く。
「いよいよ始まるんだなぁ。」
そう思うと、一昨年の感動が蘇ってきて、目に涙が浮かぶ。去年もこんな感じだった。
“長野マラソンを走れる!”と思うだけで感無量になる。
これからもずっと、こんな気持ちを持ち続けていくんだろう。




5.ハイタッチ’06


スタートして10kmほど過ぎると、大通りの喧騒から離れた場所を走る。
この場所で、私が毎年楽しみにしてるのは、小学生とのハイタッチ。野球少年やサッカー少年が並んでいて、ランナーを迎えてくれる。
並んでるのは、通常10人くらい。でも、今年は30人くらい並んでました。
2〜3秒で終わるはずのハイタッチが、10秒くらい続きました。
私は思わず「おおっ、凄い!!」と叫びました。

毎年ここで、エネルギーをもらいます。体の中からパワーが湧いてくるんです。ありがとう。来年もよろしくね♪



6.いいぞ、2260!!


私のマラソン手記では、“沿道からの応援をたくさん受けた”という話がよくでてきます。
それは、“私が思わず声を掛けたくなるような素敵な男だから”ではありません。
(残念ですが…笑)
私が、沿道の熱い応援に、笑顔で手を振ったり声を掛けたりして応えているからです。
これを42km続けます。

今年の長野マラソンでは、初めて両手を高く上げて振ってみました。
とても反応が良かったので、レース終了までに5〜6回やってしまいました。おかげで、
「いいぞ、2260!!」という声が数回かかりました。嬉しかった♪

「余計な体力を使ってない?」と思われる方もいると思います。
でも、私にとっては、これがエネルギー源の一つなんです。
声援に応えて反応が返ってくる。「やった!!」と思う喜び。
この喜びを糧にして走ってると言っても過言ではありません。

沿道の応援を糧にして走るのがフルマラソン。

私は、そう考えています。


7.意気込みメッセージ


レース終了後は、フェアウェルパーティーに出席。
主催者の挨拶が終わった後、食事の時間になったわけですが、
バイキング料理の周りに人だかりができて、近寄れない…。
まるで、バーゲン会場のようでした。

30分後、長野マラソンの録画放送が始まりました。
その映像は、会場のスクリーンで見ることが出来ました。
しばらくして、どこかで聞いたことがあるような文章を耳にする。スクリーンを見ると、
私が今年送った“意気込みメッセージ”が紹介されていた訳で…。

かなりビックリしました。体の動き、止まりましたもん。
もしかすると、顔が赤くなってたかもしれません。
“長野への愛”を綴った文章。自分で書いたり読んだりする分には何とも思わないんですが、
アナウンサーの方に読まれると、なぜか恥ずかしい。
周りの人に、「あれ、私が書いたやつです!」とは言えなかった…。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
ビデオ録画、しておけばよかったかな?☆

長野’06 [結果] [大会前日]  [大会当日]
posted by 廉 at 15:21| Comment(0) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

〓 「悲しみなんて笑い飛ばせ」45秒LIVE映像 〓
                  歌:FUNKY MONKEY BABYS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。