〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年07月05日

食育とは何か?(前編)

6/28、食育についての勉強会がV&F協会東京本部で開催されました。講師は、浮谷王子(うきや きみこ)さん。現在、市川市の幼稚園、小学校を中心に食育アドバイザーとして講師を勤めていらっしゃいます。

この勉強会の概要・感想を2回に分けて書いていきます。



【食育活動とは?】
食についての正しい知識を提供し、「何をどう食べるか」自ら考え行動できるような生活者を増やしていく手助けをすることにあります。

【食育が叫ばれている背景】
 ▼生活習慣病発症の低年齢化
 ▼乱れた食生活・朝食の欠食による情緒不安定な児童の増加
 ▼「食の知識」を子供に十分に施せない大人の増加

【食育を浸透させていくために】
 ▼青果物に関する専門家の知識の普及
 … 家庭科・総合学習の授業、カルチャースクールの講義etc.を通じて食育の取り組みを「学校・地域・家庭」に広げる。野菜のソムリエが“斬新なアイデア・アドバイス”を発揮したいところ。
 ▼企業に“食育イベント”や学校の授業への支援を求めていく。
 … 食品工場の見学、あまり目にしたことが無い新種の野菜・果物の試食、産地ツアーでの収穫体験は、大人でも楽しいですからね〜♪
 ▼野菜の販売者(流通業者)が、
   生産現場(農家)の情報をもっと生活者に伝えて欲しい。

 … 「なぜ、その野菜がいいのか?値段が高いのか?」という情報が
   生活者に伝わらず、流通段階で途切れがちになっている。
 ▼生活者が生産現場を見学できる機会を増やす。
 … 浮谷さんがある農業大学に講演に行ったとき、食育を普及させる方法として、学生から「農地を解放するなどして、“見せる農業”をしていかなければならない」という意見が出たそうです。このような農家が増えて欲しいです。

【なりたい自分になる!】
浮谷さんの食育活動で印象に残ったのは、小学5年生の家庭科の授業での取り組み。
まず、子供に「自分がどういう体になりたいのか?」を聞きます。
すると子供から、
「スポーツでもっと動けるようになりたい」とか「綺麗になりたい」
などの希望がでてきます。
それを実現するために「どんな野菜・果物を選んだらいいか」という知識を教えた後、実際にサラダ作りをするという授業です。

この話を聞いた時、「私もこれと同じような事をしてるなぁ」と思いました。
私の趣味の一つに“ランニング”があるんですが、快適に走るために「何を食べたらいいか」を常に考えています。
運動すると筋肉細胞が壊れた状態になるので、これを修復するために、
肉や魚・豆腐などを意識的に食べたり、乳酸を除去するために「クエン酸の多いものを食べよう」と考えたり。
体全体が疲れてきたら、ビタミンB群やアスパラギン酸などが多く含まれるもの。長距離走る前は、エネルギー源の糖質をしっかり摂るなど。

“自分の目的に合わせて食べるものを上手に組み合わせていける力”
これを持った生活者を増やしていくことが大事なのではないか?

この講義を通じて、そう感じました。

これが出来た上で、さらに美味しい料理が作れるとベストなんですけどねぇ…(^^ヾ

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
この続きは、7/8の16時頃up予定です☆

食育とは何か? [前編] [後編]
タグ:VMC 食育
posted by 廉 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜:クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

〓 「悲しみなんて笑い飛ばせ」45秒LIVE映像 〓
                  歌:FUNKY MONKEY BABYS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。