〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2007年02月06日

全農 平塚営農・技術センター見学会

1/19、平塚市にある“全農 平塚営農・技術センター”へ見学に行きました。25,205坪の敷地に数々の研究施設が並んでいます。

ここは、高品質・高付加価値のある農産物を、低コストで環境に負荷をかけないように生産する方法の研究・開発や農産物の品質・安全性の検査、JAグループの技術者養成、そして、最新の営農技術情報の発信基地の役割を果たしています。
中はどうなっているんでしょう? JAのディープな部分に潜入です。

【農産物・食品検査室】

ixy 056.jpg ixy 058.jpg

ここは、農産物の安全性を科学的に確認するため、成分分析や食味試験、残留農薬の検査を行う研究室。農産物の品質管理部門と言ってよいでしょう。
検査結果の信頼性を高めるため、試験所の国際規格であるISO/IEC17025の認定を受けています(食品・農薬分野として、国内初取得)。
残留農薬の検査は、年間約1000件の依頼があり、検査する農産物は、人の口に入る状態(林檎は皮ごと、みかんは皮を剥いた状態etc.)にして検査が行われます。農産物の安全性・信頼性を高めるために、これらの検査が利用されています。


【農薬研究室】

ixy 064.jpg ixy 062.jpg

農薬の効率的で安全な使用方法や、新しい防除技術・農薬の開発を行っている研究室。
害虫の説明をしている松尾さん≪写真左≫は、
  足を見ただけで害虫の名前が判別できる凄い方です。

研究のために元気な害虫が必要ということで、害虫の培養が行われています≪写真右≫。
現在、残留する農薬は、国が認可しないので、国産品の安全性は向上しています。
(もちろん、生産農家が、認可されている農薬のみを使い、
  その使用法・使用量を守っているという前提が必要です。)
農薬の安全性は、農産物の安全性だけでなく、
環境汚染の防止、生産農家の健康にも影響します。
日本は高温多湿の気候なので、
農薬を使用しないと育たない農産物が多いという現状があります。
農薬の使用量を必要最小限に抑える使用法や防除技術開発により、
安全で低コストの農産物が増えていくことを期待します。


【圃場(農場)見学】

ixy 074.jpg ixy 076.jpg

ホウレン草、ねぎ、白菜、キャベツ、ブロッコリーetc.の畑を見学しました。スーパーではなかなか見られない品種が栽培されています。
一押しは、“トンガリボウシ”というキャベツ。

ixy 082.jpg
≪トンガリボウシ≫

こんなに甘いキャベツは食べた事がありません(キャンディキャベツを超えた!?)。
普通、キャベツの芯の部分は固いので、あまり食べたくないところですが、
“トンガリボウシ”は、この部分にキャベツと思えない甘さがあります。
この味を知っているのか、害虫や鳥に狙われているようで、穴のあいたものが目立ちます。
(この周りのキャベツは、あまり被害がないんです)
“トンガリボウシ”が、まだスーパーなどで販売されていない理由は、その形にあります。名前の通り、上の部分が少し尖っているので、
大量輸送できないのが原因。
なんか、とてももったいない気がします。
「こういう野菜は、栽培技術の高い農家が生産を担当して、ネット販売をするといいのでは?」と思いました。


ixy 079.jpg
≪紫&黄緑色のブロッコリー(加熱しても、あまり色落ちしないそうです)≫

ixy 080.jpg
≪ロマネスク調のブロッコリー≫

ixy 081.jpg
≪サボイキャベツ(ちりめんキャベツ) 西洋で煮込み料理に使われています≫

ixy 083.jpg
≪芽キャベツ 太くのびた茎にたくさん付いています≫


【官能(食味)試験】

ixy 085.jpg
【テーブルには、なんと28品種のホウレン草!!】

時間は昼過ぎ。ちょうどお腹が空いたころに官能(食味)試験を初体験。
この試験は、パネラーを集めて、
農産物を実際に試食した際の感覚的な評価に基づいて行う検査。
品種名は、パネラーには知らされません。品種に対する先入観を排除するためです。
評価項目は、外観、食感、甘さetc.数項目あります。
今回のパネラーは、私たち野菜のソムリエ20数名でした。
検査対象は、米:5品種、人参:3品種、ホウレン草(茹で):6品種。
あと、生のホウレン草28品種の中から個々人でいくつか選んで実施しました。

やってみた感想は、「難しい」の一言(特に、美味しかった順番をつけるのが)。
一番美味しいのと不味いのは簡単だけれど、その中間に位置する品種の判定が??でした。
自分の直感を信じて判定するしかないんですが、数品種食べているうちにだんだん違いが分からなくなっていくんです。
普段から意識していないとできないですね。

最近、野菜の消費量を増やすために、甘みを強くしたり苦味を弱くした品種が開発されています。野菜を苦手にしている人達も食べられるようになって欲しいという配慮があるのでしょう。
でも、このような品種開発が進むと、生産される野菜が、本来の味から離れてしまう可能性が指摘されています。
それが良いのか、悪いのかの判断は、難しいものがあります。

ちなみに、今回の食味試験、ホウレン草で一番人気があった品種は、“日本”という東洋種。昔から馴染みのある品種でした。
本当に野菜が好きな人達は、野菜が持つ本来の味を求めているんだなと思いました。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
また“トンガリボウシ”が食べたいなぁ♪☆
posted by 廉 at 19:30| Comment(2) | 野菜:クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても面白く読ませて頂きました。

最後の部分は、本当に考えさせられますね。
人は甘みが好きですから
それを追求していっていいのかどうかは、
とても難しいですよね。


Posted by 美沙 at 2007年02月08日 13:46
美沙さん>
野菜本来の味を残すか?
それとも、野菜の味を親しみやすいように変えて消費量を増やすか?
というのは、天秤にかけて考えたくはない問題ですね。どちらも大切ですから。
こう主張する私も、甘みは好きです。
でも、野菜本来の味を忘れたくないし、これからも楽しんでいきたいと思います。
Posted by 廉 at 2007年02月08日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

〓 「悲しみなんて笑い飛ばせ」45秒LIVE映像 〓
                  歌:FUNKY MONKEY BABYS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。