〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2007年05月11日

雑感、長野マラソン’07

遅ればせながら、長野マラソン(4/15)の手記♪


1.GOALへ誘う魔法

シーズンの締めくくりとして有終の美を飾るはず(?)だった長野マラソン。いつもなら、初めてフルマラソンを走った第6回大会(1994年)の感動が蘇ってきて、4月になると感傷的な気分になったり、北長野駅からスタート会場へ向かう途中で目に涙が浮かんだりするんですが、今年はそうなりませんでした。

それは、右足の薬指付近に少し痛みがあり、練習不足の状態だったのと、最近私の周囲がバタバタしていて、気持ちが落ち着かなかったのもあります。
前日に家を出る時も、「本当に長野を走るんだろうか…」なんて考えてたくらい。新幹線の車窓から千曲川が見えてきた時、やっと実感が湧いてきたという状態でした。

明らかに準備不足である今のコンディションでどこまで走れるか?
楽しみであり、不安でもあり。
右足の痛みは、ウォーミングアップの時にも感じていました。
「GOALまで足がもって欲しい…」
そう願う。実際どうなるかは天に任せました。


スタート地点で、まささんを探す。
まささんは、ハーフを80分で走る実力の持ち主。
長野では「初フル、サブスリー」を目標にしていて、目標達成は間違いないのに、並び順は後ろの方。申し込み時に予想タイムを4時間にしてしまったためだそうです。
「サブスリーランナーの方と一緒に前の方に並ぶかも」という話だったので、Cブロック(1000〜1250番)付近をウロウロ。でも、見つからず…。

「後ろの方に並ぶのかな〜?」 と思ってると、
「廉さんですよね!」という声がかかる。
声の主は、えっぴーさんでした。(お会いするのは、手賀沼以来です♪)

えっぴーさんは故障明けの復活レース。走れるようになって良かった♪ (^^)
長野は初めて参加という彼女。きっと感動すると思います。

この大会のあたたかさに。
そして、沿道の声援は、“GOALへ誘う魔法”のように感じるでしょう!


スタート時間が近づいてくると気持ちが高揚してきました。
自分にとって特別の大会であることを感じ始めて、ドキドキ!!
さあ、いよいよ始まります♪



2.ピカチュウ&ドラえもんに完敗!

今年の大会は、沿道の注目を浴びていた仮装ランナー(っぽい人)と2名遭遇。
序盤の長野市街地では、ピカチュウ。
中盤のエムウェーブ付近では、ドラえもん。

私は、レースでは沿道の声援に応えながら走っています。
それに気づいてもらえるかどうかは、私と視線が合うかどうかで決まります。視線が合わない人にいくら手を振ったり声を出したりしても
なかなか気づいてもらえません。

今年は、応援が盛り上がるポイントで、なぜか仮装ランナーがいるという展開に。
「あ、ピカチュウだ!!」 「ドラえもんがいるよー!!」
という声が上がり、
沿道の人々の視線のほとんどは、仮装ランナーに向けられてます。
「私に視線が向けられない」という事は、「声援を受けながら走るのが困難」という事。これは、仕方ないです。

「もしかして、練習不足の報い!?」

“ピカチュウ”は、帽子に小さなピカチュウのマスコットを付けてただけだったんですが、“ドラえもん”は、大変そうでした。
頭には被り物。ウェアは、上下ともストレッチ素材の長袖・ロングスパッツ。色はもちろん青。
絶対、暑いです…(^_^;A
でも、手作り感たっぷりのウェアは、味があります♪

「仮装すると、どんな感じで声援がかかるんだろう?」
そう思った私は、エムウェーブを周回する時、ドラえもんの斜め後ろについて走ってみました。
そしたら、“沿道の視線&声援を浴び放題!!”でした。

「走るのは苦労するけど魅力があるなぁ〜、仮装は♪」
と、初めて思いました。
まだ私は“仮装の世界”に足を踏み入れる気はありませんが、
もう少し走力がついたら考えてもいいなぁ〜と。

エムウェーブを通過し、ドラえもんを追い抜くとき、
「頑張れよ! ドラえもん!!」
と心の中で叫びました。



3.記録は、出るべくして出る。

とはいえ、あたたかい応援は健在でした。
私が毎年楽しみにしてる場所は2ヵ所。

一つは、野球&サッカー少年とハイタッチが楽しめる12km付近。
(今年は、盛り上がってる女子高生の集団がいましたね〜。)
もう一つは、27km地点から始まる堤防道路。
(桜堤公園付近で、1人の野球少年とハイタッチ。
切れかけた集中力復活!!)

それ以外にも色々な場所でたくさん声を掛けてもらいました。本当に助かりました。

たくさんの応援を受けた私でしたが、走りこみ不足であるがゆえ、
やはり25km過ぎたあたりから脚が上がらなくなってきました。
30km以降の給水所からは立ち止まって給水してましたが、
給水所以外では歩かずに済んだのは、沿道の応援のおかげです。
4月になってから悩まされていた右足の痛みは、いつの間にか消えていました。

タイムは、3時間22分06秒。
今の状態では、これ以上のタイムを期待するのは無理でしょう。
フルマラソンは、体調&練習の成果がそのまま記録に反映するからです。“長野で最高の走りを!!”という目標は、来年にお預けです。

今回走って感じたことは、
“心と体のコンディションが両方とも好調でないと、満足な走りはできない”という事。


今までで最高のコンディションで出場した去年の“大田原”。
あの時は体が面白いように動いてたし、気持ちも充実していて、レースが待ち遠しかった。
そこに好天という“運”を味方につけて、自己ベストを大幅に更新。
好記録を出すには、レース当日にこの状態に持っていけるかが勝負なんだなと思いました。



4.白い壁の向こう側

レース後まささんと会う。
まささんは、サブスリー達成してました♪ おめでとうございます!!
五輪大橋で会ったとき、凄く調子が良さそうだったからなぁ〜。

その後、一旦ホテルに戻る。
私は長野駅周辺に宿泊してるにもかかわらず、篠ノ井駅行きのシャトルバスに乗る。それは、私が天邪鬼だからではありません
(少しはそうかもしれませんが…)。
篠ノ井駅行きの方が空いているのと、
バスの乗車時間が短い(篠ノ井駅までは約10分 長野駅までは約30分)、そして、以前上田に泊まっていた名残でもあります。
(第6・7回は、上田泊。第8・9回は、長野泊)
篠ノ井駅構内で蕎麦を食べるのも、毎年恒例になってます。
(もちろん、篠ノ井〜長野間の電車賃が余計にかかるわけですが…)

シャワーを浴びて一息ついた後、フェアウェルパーティーの会場へ。
去年は料理が少なくて、思うように食べられなかったんですが、
今年は十分用意されてました(満足、満足♪)。

近くに千葉眞子さんがいらしたので、一緒に写真を撮っていただきました♪
ありがとうございます!! 実は、著名な方と写真を撮るのは初めてでした。宝物にします♪♪

パーティーは、つつがなく進行していました。
同じテーブルにいた松本から来た方(なぜか最近、松本出身の人と縁がありますね〜)と
話し込んでいたら、会場には大会関係者と思われる方々しか残ってない状況になってました。
(パーティー終了時間を30分過ぎてたんですから、当然ですが…(^^ゞ)

その方と別れた後、乳酸除去のため少し歩いておこうと善光寺へ行く。
夕暮れ時だったので、参道にある店がほとんど閉まってして閑散としていました。家族の幸せをお願いした後、ホテルへ向う。

その途中に白い鉄の壁に囲まれている三門があります。
善光寺の三門は、修復工事中。平成14年10月から始まった工事は、今年末に終了予定。
私は4回長野に来てますが、善光寺の三門の姿を一度も見たことがありません。来年は、生まれ変わった三門が見られそう。
「その時には、私も“新しい自分”になっていたらいいな♪」 
と思いました。

nagano 015.jpg nagano 018.jpg

■写真左:千葉眞子さんと
■写真右:夕暮れせまる善光寺

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
 次の目標レースは、一関国際ハーフです☆
posted by 廉 at 23:34| Comment(2) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初長野マラソン最高でした♪
沿道の応援、ボランティアの方々etc・・・。廉さんが大好きな理由もよくわかりましたよ。私も故障明けでとても不安だったのですがあの応援や仲間の事など考えながら頑張れました。来年もエントリー決定です☆

その後足の調子はどうですか?お大事に。
私の方はお陰様でよくなりました。
Posted by えっぴー at 2007年05月13日 19:17
長野、お疲れ様です。感動的なゴールだったようですね♪ (^^)
私は、「長野を快走する為にトレーニングしているんだ!」という
初心を再確認できました。
来年こそ最高の走りをしようと思います。

足の痛みはなくなりました。“長野”が治してくれたみたい♪♪
Posted by 廉 at 2007年05月14日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

〓 「悲しみなんて笑い飛ばせ」45秒LIVE映像 〓
                  歌:FUNKY MONKEY BABYS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。