〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2005年04月17日

長野マラソン'05(後編)


「来年こそは!」の思いを強くした42km。


5.橋と堤防道路


1月に、アップダウンの激しい館山若潮マラソンで
3時間50分を切ってるから、比較的フラットと言われている
長野ならそれ以上のタイムが出せる!と思ってました。
でも、走ってみた実感は、長野の方がキツかった。
ポイントは、後半の橋と堤防道路。

館山は、坂はキツイけど上った分下る感じ。だから、
上り坂で足が上がらなくなっても下り坂を利用して休めたので、
足の筋力を回復できました。
しかし、長野はそうはいかない。堤防道路に上がる前や橋を
渡る前には、距離は短いけど急坂がありますよね。
このようなコース高低図には表されない坂が数ヵ所あります。
この坂が、25km以上走って上がらなくなりかけている足の筋力を奪う。その上、その急坂を上った後も緩やかな上りが続く(26〜34km地点)
ので、筋力が回復できない。
特にキツイと感じるのは、松代大橋の手前(39km地点)。
去年もそうだったけど、
歩き出すランナーが一番多い場所だと思います。
「あと5km」の標識を見て飛ばしたランナーが
ここで捕まってしまう感じ。



6.笑顔で挨拶


これだけでも厳しいのに、
今年は午後から急に風が強くなってきました。
しかも、一番辛い34km地点〜goal付近まで向かい風。
「去年は暑さ(最高気温25度)に苦しめられたけど、今年は風かぁ〜」
でも、この苦しさを和らげてくれる熱い応援は今年も健在!
長野はオリンピックが開催された場所であるためか、
選手をもり立てる応援がうまい人が多いんです。
私が去年完走できたのも熱い応援のおかげ。
「ありがとうっス!」「押忍!」
とその応援に笑顔で応えていると
「あの人は(まだ体力がありそうだから)大丈夫!」って言われます。
……確かに、早いペースで走ってないから息は上がってないけど、
足が上がらなくなってきてるから、結構厳しい状態なんよ……

という思いがよぎるけど、沿道の声援を受けているうちに
「頑張っちゃお♪」という気持ちになります。
この応援が、長野マラソンの大きな魅力。
市民マラソンの中でトップを争う人気大会であるのが納得できます。



7.ハイタッチ


私が長野マラソンでとても楽しみにしていた事があります。それは、
「沿道のハイタッチにできる限り応える」事。
プロ野球でホームランを打った選手を
ベンチで迎える時によくやるヤツです。
これこれ→ (*^O^)/\(^O^*)
少年野球・サッカーをやってる子供達や部活帰りの学生が
沿道に並び、ハイタッチしてくれそうなランナーを
探してるグループがいます。
「お願いしまーす」とか「イェーイ(*^o^*)v」とか叫んで。
去年、これに4〜5回応えました。楽しかったんで、今年も♪♪
…と思ったんですが、ハイタッチをして欲しそうな子供達が、
なかなか見つからない。
去年、ハイタッチした場所や、サッカー・野球のユニを着ている
少年達をくまなくチェックしたんですが(走りに集中しろよ!/笑)、
中間地点を過ぎても全くいない…。
「今年はできないのかなぁ…_| ̄|○」
とあきらめかけたけど、レース終盤に見つけました♪♪
\(^O^)/
少年野球チーム2組とおばちゃん1人。嬉しかった…(感涙)
この嬉しさを心のエネルギーにして、
重くなってる足を上げる辛さに耐えながらgoalへ向かいます。



8.最大限の力


心配していた膝の痛みもなく、3時間52分13秒で完走!
完走者に渡されるバスタオルを肩にかけてもらった時、
「もう苦しい思いをしなくていい」という安堵感と
完走できた嬉しさが込み上げます。
去年とタイムが3分しか違わないけど、
走り込んでないから仕方ないかぁ。

「万全な準備をしてたら、もっと楽に走れただろうなぁ…」
篠ノ井駅へ向かうバスの中で、今までの事を振返っていました。
「でも、フルマラソン大会の前はいつもどこかを怪我して、
万全な準備なんて一度もした事がないなぁ。
ハーフの時は、レース中に足がつりそうになったし…」
万全な準備完璧なレース運び
それに最大限の力を発揮するための精神力
この3つが揃ったら、どんな走りができるんだろう?
一度でいいから体験してみたい。
でも、なかなかできるものではない。
自分の持ってる力を出し切る難しさは、ここにあるのだろう。



9.あなたの勇姿


後日、主催者である信濃毎日新聞社から葉書が送られてきました。
この葉書には、「あなたの完走の勇姿を写真に残しませんか?」
という文面と私がgoalした時の写真の見本が
プリクラのように貼ってあります。
去年は、goal地点で写真を撮っている事を知りませんでした。
だから、「今年は、goal地点でガッツポーズしてみよう!」
と思い、実行しちゃいました♪
どんな写真ができるか楽しみにしていたんですが…。

今年の写真は、走り終えて歩き始めている時点のもの。
しかも、横向き…(T_T)。
「ガッツポーズでgoal!」という写真は、夢に終わりました…
_| ̄|○

【教訓】
人間、やましい事を考えると、ろくな事はない

肝に命じて来年頑張ります!(もちろん、走る方で♪)
(^_−)−☆


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  長野マラソン'05 [前編] [後編]

おしまいend

posted by 廉 at 20:00| マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〓 「悲しみなんて笑い飛ばせ」45秒LIVE映像 〓
                  歌:FUNKY MONKEY BABYS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。