〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2006年10月01日

りんご『きおう』

〜廉ちゃんのベジフルメモ#3〜

kiou

9月になってから、早生種のりんごが青果売場に登場。
赤いりんごに交ざって、青りんご系のりんごもあります。
「もう王林が売り出されたのかな?」と思ってよく見たら、「きおう」という品種でした。

岩手生まれ。両親は「王林」と「はつあき」。1994年3月に品種登録。
名前の由来は、『黄色い王様』→『きおう』。

≪印象(青りんご系の品種“王林”と比較して)≫
◆皮の色は、黄色と緑の中間くらい。王林よりは黄色味が強い。
◆青りんごは、“酸味が強い”というイメージがありますが、
  『きおう』は、甘みが強く適度に酸味がある感じ。糖度と酸度のバランスが良い。
◆果汁が多く、果肉はサクサクした食感(この2つは、王林も同じ)。
◆皮の香りは、王林より弱い(王林は、皮の香りが強いのが特徴の一つ)。でも、甘みは『きおう』の方が若干強いかな?
◆入手できる期間が短い(旬の9月を過ぎると流通量が減る)。

楽しめる期間が短いことを知った私は、
9月中旬あたりから、ほぼ毎日1個食べてます。
価格は、150〜300円(良品)。
「そんなにする林檎なんて、毎日食べられない!!」 
…ということで、私は、
食味には問題ないけど外観が悪い(ex.皮にちょっと傷がある・皮の色が均一でないetc.)ために安く販売されているものを買ってます。

私がよく行く八百屋は、果物を“贈答用”と“普段使い用”に分けて販売しています。『きおう』は、“贈答用”は発泡スチロール製の網&鮮度保持する袋入りで200円くらい。
“普段使い用”は、80円くらい
(←私が買うのは、こっちです…(^^;)。

この店のりんごは、安くてもみずみずしいモノである確率が高いので、
りんごは、8割くらいこの店で買ってます。

いくら色・形が良いものであっても、スーパー・八百屋の品質管理が悪い
(もしくは古くなってる)と、水分が抜けてパサパサになってるケースがあります。
「だったら、少々難ありのりんごでも、新鮮な方が良い」と思っています。

購入する際は、バラ売りのモノを1個1個吟味しています。
安いからと袋ごと買って(×個入り××円というヤツ)、もし不味かったら最悪なので…。
美味しいりんごの見分け方は、色々ありますが、
重量感があり、おしりのくぼみが深いものを選べば、
甘いりんごに出会える確率が上がります。

そして、購入したら、できるだけ早く食べ切りましょう(bec.水分がとんでしまうので)。
まとめ買いせず、食べたいと思った時に1〜2個買うのが理想です。

りんごの品種-きおう(食品広場)

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
青りんご系の品種、侮れません♪
ラベル:メモ りんご
posted by 廉 at 19:00| Comment(0) | 野菜:カルテ&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

プラム(サンタローザ&ソルダム)

〜廉ちゃんのベジフルメモ#2〜

7月になってから、果物屋の店頭に、色とりどりのプラムが並ぶようになりました。
「酸っぱいモモ」だから「すもも」と呼ばれるプラム。
私は、「わざわざ酸っぱいモモなんか買っても…」と考えていて、
手を出さずにいました。

でも、先月、大田市場を見学した時、鮮やかに色づいたプラムを見て、
「食べてみようかな?」と初めて思いました。
それ以来、美味しそうなプラムを見掛けると買うようになりました。実際に食べてみて、
私が美味しいと思ったのは、“サンタローザ”と“ソルダム”。
共に“日本すもも”。

現在の日本すももは、19世紀にアメリカに渡り、アメリカ人育苗家(ルーサー・バーバンク氏)によって改良され、
再び日本に戻ってきたものだそうです。

≪印象≫
【サンタローザ】
▼かすかに、西洋ナシのような味がする。皮の酸味が強い。
   …「あれっ、西洋ナシっぽい?」→「あっ、やっぱり桃だ。」
    →「皮が酸っぱい!」
▼皮は、真っ赤に染まる。別名“レッドプラム”
   …この色に惹かれて買ってしまったわけで‥。

【ソルダム】
▼桃とアメリカンチェリーを合わせたような味。皮の酸味は弱め。
   …ちなみに、桃とさくらんぼは、同じ仲間。共にバラ科サクラ属。
▼皮が黄緑色、赤い斑点が付く。果肉は濃赤。
   …一見美味しそうに見えないが、甘さはサンタローザ以上。

酸味は、皮付近に集中しています。気になるなら皮をむくという手がありますが、それでは、すももの良さが失われてしまいます。
できれば、皮ごと食べて欲しいです。
「どうしても酸味が気になるから、皮をむく!」という方は、
『まず先に皮だけを“栄養”だと思って食べ、その後、果肉の甘みを楽しむ』という方法もあるかもしれません。

plum_a plum_b plum_c

■写真左:“サンタローザ”とその断面。皮についてる白い粉は、農薬ではなく“果粉”。これが付いているかどうかが、良品を見分ける基準のひとつ。付いていれば◎。
■写真中:“ソルダム”とその断面。皮と果肉の印象が違いすぎません?
■写真右:“ソルダム”をスマイルカットにしてみました♪

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
この2種は、7月下旬ごろが旬。
今の時期に是非食べてみてください!


≪参考文献≫
旬の食材〔4〕〜四季の果物〜 講談社
icon
ラベル:メモ プラム
posted by 廉 at 00:31| Comment(0) | 野菜:カルテ&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

徳谷チェリートマト

〜廉ちゃんのベジフルメモ#1〜

先週の金曜の夜、部屋のインターホンが鳴る。出てみると、「宅急便です!」の声。
「自分に届く物なんてあったっけ?」と思いながら玄関の扉を開く。
宅急便の方が手にしていたのは、だいぶ前に注文していたフルーツトマトでした。
すっかり忘れてた…(笑)

箱に貼ってある伝票には、
受付日:1/28  出荷予定日:2/2
お届けご希望日:3/24と書いてありました。
「おいおい、こんなに遅い日を希望してないぞ〜(^^;」

徳谷のフルーツトマトは、とても人気があります。なかでもチェリートマトは予約が殺到していて、
販売元のフルーツショップオザキさんのホームページを見ると、
なんと“1ヶ月半待ち”の状態!!
これでは、仕方ない。それに、青果市場の方から、「今年のトマトは天候不順で収穫量が少ない」という話を聞いていたので、その影響もあるだろう。

ふたを開けると、フルーツトマトが箱いっぱいに入ってました。
大きさは、ネットで見たものより小ぶり。ブドウのデラウェア〜巨峰といったところ。
天候不順の影響が出ているのかな?

早速、1つ食べてみる。第一声は…
「素晴らしい!! やはり、フルーツトマトは、この味でなきゃいけないんだよ。ウン。」
単に甘いだけでなく、トマトが持つコクがある。それに適度な酸味が加わる。
「フルーツみたいだけど、やっぱり野菜」と思うのは、コクと酸味を感じた時。
甘さ・コク・酸味のバランスのよさが、美味しさに繋がっています。

それに、通常、フルーツトマトの皮は固いので、皮を剥いて使いますが、
チェリートマトはその必要なし!!  ミニトマト感覚で食べられます。
まさに、トマトの良さが凝縮された逸品。

数年前、初めてフルーツトマトを食べた時の感動を思い出しました。サカタのタネの通販で初めて買ったんですが、その味に完璧にハマリ、2ヶ月間で3kg以上たいらげました。
翌年も注文しようと思ったのですが、価格が前年の2倍近くまで跳ね上がってしまったので断念。しばらくこの味から遠ざかっていました。
最近スーパーでも見掛けるようになりましたが、この味にはめぐり会えません。
「ミニトマトのほうが美味しい」と感じる事もしばしば。
徳谷のフルーツトマトの美味しさは、生産者の技術の高さと努力の賜物と言えるでしょう。

cherrytoma_a  cherrytoma_b

■写真左:約2ヶ月間待ったかいがあった“徳谷チェリートマト”。
■写真右:久々に作った“冷製パスタ”。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
 本物の味に出会えるのは、本当に幸せ♪
ラベル:トマト メモ
posted by 廉 at 10:50| Comment(0) | 野菜:カルテ&メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。