〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2010年04月11日

柑橘類を楽しもう。〜宮崎県 日向夏・きんかん特集〜【編集後記】


日本野菜ソムリエ協会ホームページに
私が書いたレポートが掲載されました!! \(^о^)/

下のタイトルを click すると、そのページを閲覧できます。
よろしければ、是非ご覧ください。

柑橘類を楽しもう。〜宮崎県 日向夏・きんかん特集〜

「レポートを書くのは、久しぶりだなぁ〜」
そう思いながら掲載されたものを見ると…

あれ? 写真が貼ってない??

実は、VMC事務局の方が写真を撮影してあるだろうと考えて、
レポートに写真を添付しなかったんです。
写真を添付した方が良かったかもしれませんね。

それでは、私が撮影した写真を掲載します。


IMG_0445.JPG IMG_0446.JPG
■今回の主役!!
 完熟きんかん「たまたま」と日向夏

IMG_0447.JPG
■高知から、土佐文旦

IMG_0448.JPG
■愛媛から、宮内いよかん&はるみetc.

IMG_0453.JPG
■食べ比べをした柑橘類

IMG_0454.JPG
■きんかん3種。
左から、「たまたま」「王丸」「夢丸」
「王丸」「夢丸」は、まだ発売されていない新品種。
「夢丸」は、種なしで甘い♪♪
発売は、数年後の予定。待ち遠しいです。

IMG_0456.JPG
■お土産もたくさん!!

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

今回食べ比べをした中で印象に残ったのは、
「夢丸」「日向夏」でした。

「夢丸」は種なし金柑。
だから、ケーキetc.のお菓子の中に安心して入れられますね。
活用範囲が広そうです。
糖度も高いので、発売されたら人気が出るでしょう。
私がいたテーブルでも、高評価でした。

そして、日向夏。
私が今まで食べた中で一番美味しかったです。
新鮮で良いものを用意して頂いたようです。
JA宮崎経済連、そして宮崎県庁の皆さま、
ありがとうございました。


そして、レポートの最後の文

宮崎県産食材を使った「みやざきごはん」に
皆が恋に落ちますように!!

というのは、宮崎県の観光キャンペーン
『宮崎恋旅』にかけています。

このキャンペーンは、
宮崎県下の指定された恋旅スポットを周りながら
カップルや友達と一緒に「幸せのてんとう虫」を探します。
そこで示されている指令をクリアしてポイントを集めると、
「恋旅キャンペーン」という懸賞に応募できるという企画です。


心が洗われるような景色や
魅力たっぷりな郷土料理etc.

宮崎が誇る
笑顔ほころぶ “ゆるカワイイ”シーンに出会っていくうちに、
カップルは、より仲を深め
友達同士なら、素敵な出会いが待っているかも!?

詳細は、下のバナーをクリック!!



現在、『宮崎恋旅 ver.2』 が開催中!!

キャンペーン期間:2010年4月1日(木)〜2010年9月30日(水)

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
〓関連リンク〓
宮崎県
みやざきブランド推進本部
JA宮崎経済連
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

恋のお墨付きを授かっているという、「幸せのてんとう虫」。
きっと、あなたの恋をサポートしてくれるでしょう♪☆
posted by 廉 at 20:47| Comment(0) | 野菜:レポート編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

【編集後記】実るプロジェクトvol.5&6

前回(調理編)からの続きです♪
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

私の(もちろん皆も♪)大好きな『実るプロジェクト』♪♪(^▽^)

野菜ソムリエの資格が仕事に結びつくようにしたい!!
M継さんの熱い思いに田中先生が動かされて、
『実るプロジェクト』は生まれました。
「この講座に継続的に参加すれば、野菜の基本的な料理や
食育の話についてある程度不自由しなくなる」のを目標として
内容が構成されています。今や大人気講座になりました。

私は7回すべてに参加しているのですが、
その中でも、vol.5は私にとってとても大事な回でした。
それは、vol.5が開催された去年の9月いっぱいで、
この企画を立ち上げたM継さんが出産の為退職する事が
決まっていたからです。



私がめでたくジュニアの資格を取ってVMCに参加した時から、
そこにはM継さんがいました。M継さんはN川さんと一緒に
東京のVMC講座の企画・運営をしていました。
M継さんの明るいキャラは、いつも皆に元気を与えていました。

私が協会HPのVMCレポートを書くようになったのも
M継さんがきっかけです。
VMCの申し込みメールに、
眞々田農園ツアーの感想を自分のblogに書いた事を知らせたら、
気にいっていただいて、

『協会のHPに載せますので今のブログのレポートを
A4にまとめられますか?
ダイジェスト版みたいな感じになりますか?
     …………(中略)…………
あとは、文体を協会のイメージで硬くしていただいて。。。(笑)』

という返事が来ました。その時は、

『えっ、これ以上硬くするの???』と思いました。
(私としては、硬く書いたつもりだったんですが…(^^;;)
そして、再構成するのに3週間かかりました。
(自分のblogでは1週間で書き上げたというのに…)
こうして初VMCレポートは完成!!
あれから5本書くようになるとは、この時は思いませんでした。

■初VMCレポート&執筆の際の紆余曲折は↓↓■
眞々田農園ツアー【協会HP】
眞々田農園ツアー【blog ver.】←前・中・後編と続きます。
いつから“軽く”なったんだらふ?
ライターの気持ち


そして、
私がマイスターになれたのもM継さんの存在が大きいです。
勉強に行き詰まってしまい、
『無理してマイスターになる必要もないなぁ〜』
と考えたことがありました。
でも、VMCに参加する度に、M継さんから期待されているのを感じて、
『頑張らないと!!』とモチベーションをアップさせました。

合格したのは去年の7月。合格直後に参加したVMCで、M継さんは、
マイスターの人だけが受付で渡される“ワークショップ参加証明書”
を私が貰ってるのを見つけて、合格した事を喜んでくれました。
嬉しかった♪♪(^-^)
M継さんの退職前に合格できて、本当によかったです。

『実るvol.5』のレポートを事前に依頼されていた私。
講座の冒頭で、M継さんが、
「この講座を残せて良かった」と感慨深げに話しているのを聞いて、

『よし。今回のレポートは、
今までの実るプロジェクトの集大成にしよう!!』


と心に決めました。今まで渡された資料を全て読み返して
田中先生の思いがよく表れている言葉を抜き出し、
vol.5の内容を軸に、vol.1〜4の内容を編みこむ形で書き上げました。

(ちょっと気合が入りすぎて、オリーブオイルのくだりが
長すぎる気がしますが…(^^;;;)



私はVMCレポートを書く時、
『語り手の言葉をどう表現したら生き生きと伝えられるか?』
を常に考えています。

語り手が発する言葉を活かす素材を集めて、
自分なりに組み上げていく作業。
果たしてそれが上手くできているか?
書き上げた後、いつも不安になります。

だから、vol.6に参加した時、田中先生に喜んでいただけて
本当に安心したし、嬉しかったです♪♪


私が“実るプロジェクト”に参加して一番の収穫は、
人に伝える楽しさを学べた事です。
(いつもとても楽しそうにしてる先生は、魅力的です♪)
あとは、思い立ったら行動してみるかな?
(これ、なかなかできないんですよねぇ〜(^^ゞ)

そして、田中先生は、
『もし、私が偉い人になれたら、こういう人でありたい!!』
と考える理想的な方の一人です。

「何でも聞いてよ♪」という感じで
「本当にいいの!?」と思うくらい自分の知識を周囲に与える。
そして、話が聞きやすく、声を掛けやすい雰囲気を持つ。
これは、心の広さと自分に自信が無ければ、
絶対できない事だと思います。

例えて言うなら、中華の達人が、チャーハンの作り方を
秘伝も含めて教えてしまうようなもの。
なぜそれが出来るのか? それは、
自分と同じくらいの腕がなければ、同じ味にはならないからです。

その域に達するくらいに頑張ろう!! p(^-^)q
一歩一歩着実に。

実るプロジェクトvol.5 [協会HP・VMCレポート]

実るプロジェクトvol.6
[食育編(前編)] [調理編(後編)] [編集後記]

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
『実るvol.8』楽しみにしてます♪☆

にほんブログ村 ランキング参加中!!



posted by 廉 at 21:14| Comment(2) | 野菜:レポート編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

「加賀野菜を学ぼう」のレポート提出

10月前半の余暇時間は、
来月に迫った“大田原マラソン”に向けたトレーニングと
「加賀野菜を学ぼう」のVMCレポートを書いてました。

実は私、ワークショップ(食べ比べ)のレポートを書くのが苦手で、
「書こうとしたけど挫折」というパターンが何度かありました。
書いているうちに、「図鑑を見た方がいいんじゃないかな〜?」
と思い始めることが多く、書く気が萎えてしまいがちなのです…。

でも今回は、八百屋を営んでいる講師の北形先生が、
野菜の知識だけでなく販売上のエピソードを話して下さったので、
とても楽しい講座でした。
だから久しぶりに書いてみる気が出てきました。

野菜ソムリエ・マイスターの資格は、VMC活動に参加したり、
ベジフルカルテやVMCレポートを提出するなどしてポイントを集め、
2年間のうちに24ポイント獲得しないと資格が更新できない仕組み
になっています。

だから、書けそうなレポートは、このblogに載せる前にV&F協会へ
送ろうと考えてます。V&F協会のHPに載るかどうかは分かりませ
んが、もし掲載されたら、この記事と右サイドにリンクを貼ります。
掲載されないなら、このblogにupします。

とは言っても…。

マイスターになってからまだ3ヶ月なんですが、すでに結構ポイント
は集まっていて、もし、加賀野菜のレポートが受理されると、
獲得ポイントは、合計18。 (←おおっ!!)
今年中に2011年までの更新資格が取得できそうな勢いです。

※10/24 追記
VMCレポートに掲載されました!! \(^о^)/
加賀野菜を学ぼう 〜身近に感じて いい加賀いかが?〜

yasai 005.jpg yasai 006.jpg

yasai 001.jpg yasai 003.jpg

自称“ベジタブル&フルーツ ウマイッスター”の北形先生。
ちなみに今回の講座のサブタイトルは、
       『身近に感じて いい加賀いかが?』

「レポートにダジャレ好きな北形先生って書きたい♪」という衝動に
駆られましたが、

「VMCレポートの文章は、硬めでお願いします。」

という天の声(M継さん?)が聞こえてきたので、止めました(笑)。


北形青果のHPにアクセスして分かったのですが、
実は私、以前北形先生のblogを読んだ事がありました。
私はマイスター講座受講中(東京20期でした)、いつも金沢の八百屋
さんの後ろに座っていて、その方のお店のHPがあるか探していた時
に偶然辿り着いた訳です。

その金沢の八百屋さんは、まだ野菜ソムリエの資格が出来たばかり
の頃にジュニアの資格を取られた方で、その時のジュニアの試験は、
マーク式ではなく記述式だったそうです。
(ああ、何か懐かしいです。元気でいらっしゃるでしょうか?)



今回、北形先生のお話を聞いて痛感したのは、

『加賀野菜が消滅せず、今もなお存在し続けているのは、
     たくさんの地元の人々が食べ続けているから』 という事。


例えば、お雑煮を作ろうとスーパーに行くと、
せりと長ネギ(金沢産以外)が並んでいたとします。
たとえ、せりの価格が長ネギの3倍くらいだったとしても、
金沢の方の多くは、せりを買っていくそうです。
また、金沢一本ねぎが旬の時は、下仁田ねぎの売れ行きが悪い
そうです。八百屋としては困る事もあるそうですが、

『△△にはやっぱり××が必要でしょう?』

といった考えが、無意識に金沢の食文化を守っているのだと思います。
これは、他の地域ではなかなか真似のできない優位性です。


そうそう、葉を食べ終えた後、茎を水に挿しておいた金時草。
2週間経った今の様子は、こんな感じ。恐るべき生命力!!

yasai 014.jpg yasai 015.jpg yasai 016.jpg

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
 11月の“加賀野菜ツアー”、行きたいなぁ☆
ラベル:加賀野菜 VMC
posted by 廉 at 16:18| Comment(0) | 野菜:レポート編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。