〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2007年04月29日

湘南国際マラソンの記録証&写真、届く。

約1ヶ月振りの更新です。
3〜4月はバタバタしていて、落ち着いてPCに向える状態ではありませんでした。
これから、書こうと思ってた記事を少しずつupしていきます。
まずは、「湘南国際マラソン、その後」。


23日に湘南国際マラソンの記録証が届きました。

種目 : フルマラソン 一般男子
順位 : 425位/5059人中
記録 : 3:17:42  (ネットタイム  3:17:07)

上位1割以内に入れたので、とりあえず良しとします♪
来年は、ほぼ3時間で走りたいです(サブスリー達成は、???)。

そして、4月初めに、オールスポーツコミュニティに注文してあった
写真のCDデータが届きました。私が走ってるトコを撮影したモノです。
私が写ってる写真全てとイメージカットを1枚のCDに入れて、7800円。
欲しい写真がたくさんあれば、お得になるという特別企画。

この会社は、色々な大会に来て撮影をしています。
通常は撮影場所は示されないので、撮影された写真は残念ながら
“鬼の形相”である事が多いです。

でも、湘南国際マラソンでは撮影場所が分かるように横断幕が設置されていたので、その場所では、(出来る限り)良い顔をしました。
撮影されるように意識して♪ (^^ゞ
だから、「いつもより写真が多いだろう」と思って検索したら、
想像以上に多かった。 
小さく写ってるのを含めると、なんと20枚以上!!
通常は、2〜3枚なのに…。

「これは買わないと悪いだろう…」 とゆー事で、注文。
私は、自分の写真をあまり持ってないので、貴重かも。

shonan 018.jpg shonan 014.jpg shonan 006.jpg

shonan 024.jpg shonan 022.jpg shonan 020.jpg

(C)ALLSPORTS.JP

自分で言うのもなんですが、楽しそうに走ってますよね〜♪♪
実際、とても楽しかったんです。
ロケーションの良さ。そして、沿道の応援…。

そうそう、いつもは私に一番たくさん声援をしてくれるのは“長野マラソン”なのですが、
今シーズンは、“湘南国際マラソン”でした。



理由は、私の周囲にいたランナーの関係です。

“長野”で沿道の応援が多い「応援スポット」は、「長野市街地」や「エムウェーブ」周辺。その場所に差し掛かった時、私のそばにたまたま“仮装ランナー”がいたためです。
沿道の方々の視線は、どうしても仮装ランナーに向いてしまいがちです。だから、たとえ手を振っても気づいて貰えない事が多かったです。
でも、これは仕方ないです。

“湘南”では、私の周囲にいたのは黙々と走るランナーでした。
沿道の方々が、「頑張れー!!」と声援を送っても反応しないランナーが多かったです。
そこに、私が手を振ったり声を出したりして声援に応えてたら、どうなったでしょう?
沿道が盛り上がっちゃったんです。

私に対する沿道の声援が30mくらい続いた場所が、4〜5ヵ所ありました。「これは凄い!!」 と思ったし、凄く楽しかった♪♪
来年もこんな感じで走ろうと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
 タイムは、もうちょい早くします☆
ラベル:湘南
posted by 廉 at 14:06| Comment(2) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

雑感、湘南国際マラソン’07

3/18は、湘南国際マラソンの開催日!
私は大船から湘南モノレールに乗って江の島入り。
お洒落なイタリアンレストランや昔懐かしいスマートボール&射的の店のある通りを抜けると海が見えてきました。
天気は晴れ。江の島大橋の上から富士山が綺麗に見えます。
富士山の写真を撮ってる人達がいたので、私も真似してパチリ♪

ixy 123.jpg

この大会は、東京マラソンと同じく記念すべき第1回大会。
フルマラソンの部に7644名。10kmの部に4147名。合計11791名がエントリー。
神奈川県初のフルマラソン大会という事もあるのか、参加者の約70%が神奈川県民でした。
フルマラソンは、新江ノ島水族館をstartし、西湘バイパス・二ノ宮ICで折り返し、江の島にgoalする42.195km。高低差は10mほどの
平坦なコース。コース図は、こちら
箱根駅伝でお馴染みの風景の中を走ります。
海沿いを走るのは気分が良い〜♪ 風は強いけど、それは仕方ない?
(この日は、強風波浪注意報が出てましたが…)

私のコンディションは、良いとは言えない状態。先月からあまり練習できてないうえ、左足首に違和感が発生したため、1週間走ってません。
だから、「体重増加が気になるー!!」ところですが、その思いとは裏腹に食欲は旺盛。
前日の夕方、受付を済ますため江の島に来た時、(もうこれ以上栄養は要らないというのに)
生しらすいくら丼&かんぱちの刺身(刺身のつまの大根・人参・わかめまで)をペロリ。
「よく食うなぁ、俺…」と半ば呆れながら、漁が解禁されたばかりの生しらすを堪能。

ixy 122.jpg

■生しらすいくら丼。真ん中の生卵に醤油orポン酢を入れてかき混ぜ、生しらすにかけます。かんぱちの刺身は、食べるのに夢中で写真を撮り忘れました…。

「エネルギー補給は十分(過ぎっ!!)。
体力は持ちそうだけど、練習不足だから脚は最後まで持たないだろう」と思うものの、「今の状態でどこまでやれるか試したい」という思いが強くなっていました。だから、後半潰れて構わないので、長野マラソンの予定ペース(4:20/km)で走ってみる事にする。

軽くupした後、着替えを済ませ、荷物を預けてスタート地点へ。
荷物預かり所とスタート地点が離れている(約1.8km)ので、移動が大変でした。
start前に高橋尚子選手が挨拶。「走った後のビールが楽しみ♪」という言葉に、周囲のランナーから、
「よく分かってるじゃないかぁ〜♪♪」という声が上がる(笑)。

号砲が鳴り、start!!
防砂林(防風林)に遮られて、海はなかなか見えませんが、
橋の上&西湘バイパスから見える海岸沿いの風景は花丸◎♪
往路は、目の前に富士山が見える場所があり、
まるで、富士山に向かって走ってる気分になります。

湘南の風景の中を気分良く走ってる私。往路は、なぜか4:10/km前後のペース。自分の感覚では、4:20/kmで走ってるつもりでした。
「おかしいなぁ。このパワーで走って、4:10/kmが出せるはずがないのに…」と考えましたが、折り返してみてすぐ原因が分かりました。
追い風効果でした。

「あ〜、どおりで。でも、これからが大変だぞ!
4:20/kmペースの予定だったから、往路は4:10/km、復路は4:30/kmで走れたら◎」
と考えましたが、中間点ですでに脚に重さを感じました。
オーバーペースと練習不足のダブル効果。
中間点の通過タイムは、1時間29分台。明らかに速すぎです。

「やってしまった…」と思う反面、
「サブスリーを目指す時には、こんな感じで走るという事が分かったからいいかぁ。久しぶりに辛い30km以降を経験しよう」と覚悟を決める。

復路の給水所から食べ物が用意されます。確か、バナナ・あんぱん・飴があったかな?
私は25km地点の給水所で、あんぱんをget。大きいのを丸々1個手渡されました。
「4分の1の大きさに分けてあると食べやすいのになぁ〜。」
(30km地点の給水所では、そうなってました)
沿道に食べかけのあんぱんが捨ててあるのを見つけて、
ちょっと悲しい気分。

捨てる気は無いけど、一度には食べられないので、
私は25〜30kmの間、左手であんぱんを持ちながら少しずつ食べました。ギュっと握ってしまうと潰れてしまうので、力加減に気をつけながら。
食べかけた部分が乾燥してパサパサになってしまうんですが、
良い栄養補給になりました。

“あんぱんパワー”を利用して、30km過ぎから少しペースアップしてみたんですが、やはり長くは続かず失速…。
「L.S.D.ペースにしちゃおうか?」という思いが頭をよぎりましたが、
沿道の声援がそうさせてくれません。

ノリの良い方々が沿道にいる区間では、一度手を振って声援に応えると、私に対する声援が思ったより長く続くんです。
これではペースダウンできません。
「頑張ってー!!」 「あともう少し!!」 「いいぞー、1300番!!!」 などなど、色んな声をかけて頂きました。
ビックリしたのは、「いい男だね〜♪」と言われた事。
きっと、私が声援に応えたのが嬉しかったんでしょう。
これは、おととしの大田原マラソンで言われた
「ゴールで待ってるから〜♪」に匹敵する嬉しい言葉。

いやぁ、楽しいー♪♪♪ (^о^)

最後は脚がかなり重くなったけど、その辛さを忘れさせてくれた。
タイムは、手元の時計で3時間17分43秒。
沿道の声援が無ければ、3時間20分は切れなかっただろう。

レース後は、イカ入りお好み焼き&わかめそばを食べる(←本当によく食べるよねぇ〜)。
モノレールの駅へ向かう為、江の島大橋を渡っている時、
「こんなに楽しいなら、ちゃんと準備しておけば良かったなぁ…」と、ちょっと後悔。来年は、快走するぞ!! p(^-^)q


ラップタイム(手元の時計)
地点    LAP    /km
 5km  22:28   4:30
10km  20:22   4:04
15km  20:57   4:11 ←目の前に富士山♪
20km  20:57   4:11 ←西湘バイパスから見える、浜辺の景色
                   が綺麗。
25km  22:54   4:35 ←ここから向かい風区間。
30km  25:22   5:04
35km  24:58   4:59 ←あんぱん効果?
40km  27:20   5:28 ←声援にとても助けられました。
GOAL  12:25   5:39  【TOTAL】 3時間17分43秒


ixy124.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
家族への土産は、玉屋の“のり羊羹”。
白餡ベースの羊羹に岩海苔(青海苔)が入ってます☆

posted by 廉 at 05:10| Comment(1) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

雑感、静岡駿府マラソン’07

1.学生の頃を思い出して…


3/3午後。私は、静岡駿府マラソンに出場する為に静岡へ向かっていました。今回は新幹線を使わず、各駅停車の旅。
JRの普通・快速電車なら1日乗り放題の“青春18きっぷ”を使いました。5日分で8000円。4/10まで利用可能な切符です。
今は1枚の切符に日付スタンプを押す形式になってますが、
昔はピンク色の5枚綴りの切符だったんですよね
(知ってる人、いるかな〜?)。
久しぶりに“ちょっと学生っぽい旅”を満喫しました。
学生っぽくないのは、東京〜熱海まではグリーン車を使った事ですかねぇ…。(普通・快速電車のグリーン車に限り、グリーン券を買えば利用できます)

ホテル到着後、買い物&食事のついでに駿府公園へ。受付場所etc,を確認するためです。明日ここがマラソン会場になるとは思えないほど静寂に包まれていました。
復元された櫓を満月が照らしている様子は、「渋い…」の一言。
「明日ここを走るんだなぁ」なんて考えながら公園の中を歩いてるうちに、
静岡の街を走るのが楽しみになってきました。


2.スタート前


大会当日。ホテルでゆっくりしてたので、少し遅めの会場入りになりました。公園内は、人で溢れていました。
受付を済ませ軽くupをしたら、もう集合時間。慌てて集合場所へ向かう。
そこで、JogNote仲間のまささんと会う。
「混雑してるから、会えるとしてもレース中になるだろう」と考えていたので、嬉しかった♪

スタート時間が近づいてきました。
私は陸連に登録してるので、前の方からのスタート。
陸連登録者だから、速いと思われがちですが、そうではありません。ただ都道府県の陸上競技協会に登録料を払っただけ
です…(^^ゞ。

登録すると公認大会での走破タイムを公認記録として認めてもらえます。公認記録が無いと出場できない大会もあります。これも陸連登録するメリットです。

周りを見渡すと、ランシャツ&ランパンを着た、いかにも速そうなランナーばかり。
私のように半袖Tシャツを着てるランナーは、数名だけ。あきらかに浮いてます。
「やばい、やばすぎる…」と思ったけど、
「この状態は、スタート直後だけだし♪」と考えて気を落ち着かせる。
周囲のペースに巻き込まれず、速いランナーの邪魔をしないように気をつけないと。


3.沿道の声援は、心の糧


10時5分、スタート!!
県庁前をスタート。安倍川沿いの土手を通り、海沿いの公園を折り返します。前半は緩やかに下り、後半は上り。
ハーフの制限時間は2時間(とゆー事を当日に知る…)

sumpu 001.jpg sumpu 002.jpg

下り坂を利用して前半から突っ込んでいくのも手と思ったけど、
2月の練習不足で心肺能力が落ちていたので、あまり無理せず、
後半の坂を上る分の体力を残しておこうと決める。

スタートしてしばらく走っても、距離表示が見当たらない。
「あれ、おかしいなぁ〜」と思ってたら、いつの間にか隣にまささんがいました。「距離表示、ありました?」という話を少しした後、
まささんは前の方に消えていきました。やっぱり、速いよ…(’▽’*)

川沿い&海沿いは風はありますが、開放感あり♪
特に、安倍川の川原は広いので、気分良く走れました。

沿道からの声援もたくさんしてもらいました。
私は声援を受けると、手を振ったり声を出して応えるので、良い反応が返ってくるんです。
家のベランダから「ガンバレー!!」と大きな声で応援してくれてる子供に、「おう、頑張るよー!!」と手を振ったら、その子の家族が喜んでくれました。
ノリの良い自治会&老人会の方々に声をかけると、その場がワッと盛り上がり、気合の入ったおじちゃん&おばちゃんから話しかけられます。

私は沿道からの声援でモチベーションを上げていくので、とても重要です。無駄な体力を使ってるように見えますが、
私はこうやって走らないと調子が出ないんです。
私が自己ベストを出した大会は、全て「地元民のように声をかけて頂いた大会」です。
でも、視線が合わない人に反応しても無視されがちなので、
反応するのは、その人と視線が合ったのを確認した後にしています。


4.レース後


ラップタイム&順位
10k   40:29
15k   21:09
20k   21:16
goal    4:42  TOTAL 1時間27分36秒 

【順位】 『RUNNETより』
225位/1599人中(ハーフ男子総合)
 92位/129人中(ハーフ登録者男子) ←やっぱり陸連登録者のレベルは高ひ…。
                                   

【感想】
■2月の練習不足で、やはり心肺能力が落ちていた。
   脚は重くならかったんですが、スピードを上げようとしても、
  息が苦しくてできませんでした。
   脚と心肺能力のバランスが悪いなぁと思いました。
■暑さでバテました。
   気温が16〜17℃まで上昇。水をたくさん飲みたいけど、
  飲みすぎると気持ち悪くなるので、それが出来ずに苦しみました。

自己ベストは出せませんでしたが、今の状態ではこんなもんでしょう。
1時間35分以内で走れたので、来年と再来年の仙台国際ハーフマラソンの出場権を獲得。3/18の湘南国際マラソンの刺激にもなったので、とりあえず良しとしておこう。(←ダメ?)

ゴール後にまささんと会い、長野での再会を約束しました。
(走暦1年目?にもかかわらず、強度の高い練習ができる理由もわかったし♪)
その後、静岡在住のぶーぶと食事に行きました。
「お疲れ様!」の乾杯して、黒はんぺんや鰹節の粉末or青海苔をかけて食べる“静岡おでん”など、静岡の味をちょっとだけ楽しみました。
料理の写真、撮っておけばよかったですね。
食べるのに夢中で忘れてました…(^^;;;

帰りも懲りずに“各駅停車の旅”です。
熱海から乗るグリーン車内で食べる食料を買い込んで…(←よう食うな、おぬし)。ちなみに買ったのは、サラダ(量は多め)、はるみみかん3つ、イオンウォーター1.5L。
今回の大会は、割と好きなコースだったし、公認記録証ももらえるので、
来年出場する有力大会にしておこう。

sumpu 003.JPG sumpu 004.JPG

■写真左:完走記録証
■写真右:公認記録証明書

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
ハーフの公認記録、来年は駿府or京都で取る予定です☆
posted by 廉 at 23:19| Comment(0) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。