〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2007年02月06日

旭市飯岡しおさいマラソン’07

「しっかし、何なんだろう、この風は…。」


【映像:スタート地点を示す、風にゆれる横断幕】

2/4、第18回旭市飯岡しおさいマラソンに参加しました。
これは、ハーフのstart地点。
これ以上にゆれのひどかった5k・10kstartの横断幕は、
取り外されました。

千葉のサーフィンのメッカの一つである飯岡海岸。
大会会場である“いいおかユートピアセンター”は、海岸のすぐそば。
潮騒の音との心地よい潮風に包まれながら快適に走ろうと思ってたのに、砂交じりの強風にそれを阻まれそう。

「まいったなぁ〜」
周囲のランナーも風の話題でもちきりです。

iioka~04.jpg
【コース図】

ハーフは飯岡の街を2周する、ほぼ平坦なコース。急坂はありません。
ハーフ以上の距離を走りたい人は、“青梅”や“浦安”に行ってしまうのか、10kのエントリー数の方が多いです。
(エントリー数は、ハーフ:361名 10k:472名)
その他の特徴は、40〜50歳代の参加者が多いのと、
近隣の市町村からの参加者が多いこと。旭市の小中学生がたくさん参加していること。
それに、特産品である農産物が福引きの景品になっています。
町内のマラソン大会から発展してきた、“手作り感”たっぷりの大会
という印象です。

そして、楽しみなのは、地元特産の青果物が当たる、ラン後の福引き♪
目当ては、3等のメロン4等のイチゴです。
ちなみに、1等・2等はスポーツ用品。でも、あんまり欲しくありません。
もし1等・2等が当たったら、「3等のメロンにして欲しいなぁ〜」なんて考えてました。(当たってから考えようぜ…笑)

ゴール後のメロンに思いを馳せながら、start!!
追い風の海岸沿いは、姿勢を良くして、風に背中を押してもらいながら走り、向かい風の街中では、少し前かがみで走ります。

参加者が少なめという事もあるのでしょう。
1周目終盤あたりから、私の前後にいるランナー(5〜6人?)が固定してきました。
その時から抜きつ抜かれつを繰り返していたおじさんランナーがいました。「このおじさんとは、走力が同じくらいだ」と感じた私。
2周目序盤に、このおじさんに抜かれた時、
「向かい風区間は、このおじさんについていって、追い風区間でスパートしよう」と決める。さて、この作戦は成功するでしょうか?

普段、海沿い&川沿いを走ってるので、多少の風には慣れてる私でも、
この日の風は、気持ちが萎えそうになるくらい強い。
しかも、向かい風の区間には上り坂があったので、ペースを維持するのに苦労しました。

でも、そんな私を救ったのは、沿道のおばちゃん達♪
1周目の時に受けた声援に、私が手を振って「頑張りまぁ〜す!!」と応えてたのを覚えていてくれたのか、2周目に
熱烈に声援を贈ってくれたおば様たちが2組
いました。すっごく元気を貰いました。
ありがとうございます!! (^о^)/^^^^^^^^^

「マラソンをやっていて、何が楽しい?」と聞かれたら、
私は、「沿道にいる人達との心の交流が楽しい」と答えます。
まるで知り合いがたくさんいるかのように声援を受けると、
自分でも不思議なくらい走れることが多いです。
眠っているパワーが出てくるし、沿道の人達からもパワーを貰える気もします。この時に湧き上がってくる不思議な感覚が、私の心を掴んで離さない魅力になっています。

レースは17km過ぎ。そろそろ追い風区間にはいります。ここで、ペースアップ。(自分ではペースアップしたつもりだったけど、ラップを見るとそうでもないんだこれが…笑)
私の前方にずっと見えていたランナーを抜いていく。
そして海岸道路へ。背中に追い風を受けながら最後の力を振り絞り、
ゴールに飛び込む。


ラップタイム&メモ

1k    4:02
2k    ----
3k    7:57 ←海が見えてくる。景色の良さに、気分が乗る。
4k    3:54
5k    4:07 ←向かい風区間の始まり。 
6k    4:10
7k    4:08
8k    4:08
9k    3:58
10k   4:08
11k   3:59 ←追い風区間。
12k   3:51
13k   3:51 ←私を覚えていてくれて、ありがとう。おばちゃん♪
14k   ---- ←再び向かい風区間。
        おじさんに抜かれたのは、この辺り。
15k   8:08
16k   ---- ←向かい風&ゆるやかな上り坂。ここが粘りどころ。
17k   8:26
18k   4:11 ←ラストスパート開始(してるつもり)
19k   ----
20k   8:04 ←前に見える、手首の運動をしているように
        腕をふるランナーを、どうしても抜けない…。
goal   4:43   


タイムは、1時間25分45秒。
なんと平坦コースのハーフマラソンで初の自己ベスト更新!!
完走証を貰った時、年代別順位が9位だったのを知って、さらに驚き!!! (すっげー、1ケタ順位だぁ! …51人中だけどね♪)
その感動に浸りながら福引きをやったら、なんと4等!! \(^о^)/
イチゴ1箱(4パック)get!
(凄すぎるっ!!)
福引きをする前に、係りのおばちゃんが
「いいのが当たりますように…」っておまじないをしてくれたんですよねぇ。その効果がありました。ありがとう♪♪

iioka~05.jpg
【苺&完走証】

その後、国民宿舎飯岡荘の温泉で汗を流す(ゴール後に無料入浴券を頂きました)。
コーヒーのような茶褐色の温泉でした。
旭駅までの送迎バスの発車まで時間があったので、
無料サービスのお汁粉とトン汁コーナーに行ってみました。

テーブルには、まだトン汁が並んでいました。
「おおっ、まだ残ってた♪」
私が空腹感を感じるのは、レース終了から1時間くらい経ってから。
通常の大会だと、腹減ってから食べに行っても残ってないんですよ〜。
だから、とても嬉しい♪♪

「おかわりもどうぞ♪」と言われたので、
「もうそんなに残ってないでしょう?」と答えたら、
「まだこんなにあるのよ〜」と言われてビックリ!!
炊き出しに使うような大なべにまだ沢山残ってました。
お汁粉も鍋1つ分余っていました。

「ズバリ、これは食べないといけないでしょう!!(←丸尾君風♪)」
とゆー事で、遠慮なくいただきました(トン汁3杯&お汁粉2杯)。
トン汁とお汁粉の無料サービスがあることを
大会プログラムにハッキリ記載してなかったんで、
(実行委員長あいさつの中にちょこっと書かれてましたが…)
知らないランナーが多かったのではないでしょうか?
来年のプログラムには、無料サービスの事と
帰りの送迎バスの時刻表を載せておいて欲しいと思いました。

iioka~06.jpg
【写真:具だくさんトン汁】

空腹を満たした後、海岸を少しだけ歩いてみる。強風で荒れている海。
もともと外房(千葉県の太平洋側)出身の私にとって、海はこういう荒々しいイメージ。
見慣れた風景って感じがします。
だから、東京湾の海が、どうしても湖に見える訳で…。


【映像:飯岡海岸】

旭駅に向かうバスの中で、予定通り銚子に行くか、家に帰るか考える。
電車で来たので、苺をどうするかが大問題。
でも、「銚子の方には滅多に来ないから」と考えて、銚子行き決行!!
結局、苺は持ち歩くことにしました。(大変なことは、承知の上です)

銚子駅から銚子電鉄に乗り換え。レトロな感じの車両。
1両しかないワンマンカーには、たくさんの乗客。立っている人も結構いました。私は1日乗車券(620円)を購入。まずは犬吠駅へ。
駅舎内では、銚子の特産品販売や“ぬれ煎餅”が製造販売されていました。
銚子電鉄の経営危機を救った“ぬれ煎餅”。
今では、購入希望者が多くなり、製造が追いつかない状態になっています。だから、この売店でも“ぬれ煎餅”があまり並んでませんでした。
仕方ないので、“ぬれ煎餅”2枚としょうゆ味の“おかき”を購入。
(個人的には、“おかき”の方が美味しかったです。)
ついでに、いわしのつみれ汁(魚めん入り・300円)を食べる
(←まだ食うのか、お前わっ!)。

iioka~07.jpg iioka~08.jpg
【犬吠駅・駅舎】         【いわしのつみれ汁】

 iioka~09.jpg
【ぬれ煎餅&おかき・1日乗車券】 

そして、終点の外川駅へ。駅から海に続く坂道を下りていくと、そこは漁港。漁船がたくさん並んでいました。でも、ここは海の風景全体を見るには不向き。
景色を楽しむには、灯台や地球が丸くみえる丘展望台etc.
観光名所になってる場所に行った方が良いと思いました。
それは、またの機会に♪


【映像:外川駅にやって来た電車】

さすがの私も、苺4パックは一人で食べきれないので、帰りは実家へ直行。母と弟に分けました。苺の味は、とても良かった♪
スーパーでは、苺が日持ちするよう、また、痛みにくいように熟す前に早採りし、流通過程で追熟させているものが多いので、あまり美味しくない事が多いですが、これは違いました。ほぼ熟した果実の味です。

「果実本来の味が楽しめなくなってる現状って、悲しいよなぁ…」
そう考えながら、苺をほおばる私。疲れたけれど、楽しい一日でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
 来年は、メロン狙いで参加しようかな?(笑)☆
posted by 廉 at 17:08| Comment(0) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

雑感、はだの丹沢水無川マラソン

“はだの”の感想を簡単に。

この大会は、北海道マラソン後に体調を崩し、
「この状態だと“大田原”でタイムを狙うのは無理かも…」と思い、
別の大会(ハーフ)を探してた時に見つけました。

高低図を見たら、ハーフのベストタイムを出した“はるな梅”と似たような感じ。
途中に激しいアップダウンがあるけど、脚が重くなるlast数kmで下るコース。(写真左:“はだの”の高低図  写真右:“はるな梅”の高低図  共に高低差は約170m)

hadano 003.JPG hadano 005.JPG

「もしかすると、このコース、好きかも♪」 と直感。

結果は予想通り♪♪
“大田原”の疲れが抜けきってない状態での自己ベスト更新です。

上り坂はかなりキツかったですが、last4kmの山下りは、とても気持ち良かった。
県立秦野戸川公園の「風の吊り橋」(15km付近)からの眺めも◎。
ラストスパートのエネルギーになりました。
(last1kmの平坦&軽い上りでブレーキがかかりましたが…(^^;)

今回、初めて下り坂でランナーに抜かれました。4〜5人だったかな?
私を抜いていったのは、走り込んでいそうな人&スポーツ万能っぽい人でした。「私には、まだスピードがないなぁ〜」と思いました。
来年の夏頃にスピード練習を中心にやって、ハーフ85分を切れるようになろう。

今回のラップタイムは、上りと下りでハッキリ違います。
上の写真の高低図と比べてみると面白いかも!?



ラップタイム&メモ

1k    ----  ← スタート時は、「ファンランでいこう!」と思っている。
2k    9:11
3k    4:06  ← でも、ここでスイッチが入る(笑)。
4k    3:40  ← lapを見て「速すぎ!」と思うが、
5k    3:42        「まぁいいか」と開き直る。
6k    3:59  ← 山登りの始まり。
7k    4:02
8k    4:21
9k    4:27  ← 田舎の住宅街を通る。沿道の応援に応えて
10k   4:20         上り坂で萎えそうになる気持ちを鼓舞する。
11k   4:19
12k   4:52  ← この坂はツラかった。
13k   3:42  ← 下り坂で一息ついた後に…。
14k   4:45  ← また、上り!!
15k   4:43  ← 「風の吊り橋」を通る。いい眺め♪
16k   3:36  ← ここから、ご褒美のような下り。
17k   3:44
18k   3:46  ← 下り坂っていいねぇ〜♪♪
19k   3:47
20k   4:03  ← この辺で、脚が急に重くなる。
goal   4:53   TOTAL 1時間27分58秒


レース後は、スーパー銭湯「湯花楽(ゆからく)」に行く。
ここの“無料入浴券”が当たったので♪
湯船でなく、サウナでゆっくりしていました。
ここのサウナには、室温9℃の“クールルーム”がありました。体を優しく冷やしてくれます。15分おきに人工雪が降ります(1分間だけ)。
私は、サウナ後に水風呂に入れないので(だって心臓が止まりそうじゃん!/笑)、助かりました。

バス・電車の中で、カントリーマアムを食べながら帰途につく。
「ロールパンナちゃんのペロペロキャンディ」を人前で食べるのは止めときました(笑)。

hadano 004.JPG hadano 001.jpg hadano 002.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
 この大会も、来年出場する大会候補にしておこう☆
posted by 廉 at 14:33| Comment(0) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

11・23の奇跡(前編−大田原マラソン ’06)

1.良純氏と勝負!?


「これなら、雨は降らなそうだな♪」
那須塩原へ向かう新幹線の車窓から空を見上げて、そう思った。

週間天気予報で、大田原マラソン開催日(11/23)に傘マークが付いた時から、一日に数回、
“weathernews”“tenki.jp”の週間天気図とニラメッコ。
「傘マークは付いてるけど、なんとかもつんじゃないかな?
もし降っても小雨くらいだろう」
と確信したのは、大会3日前。大陸にある高気圧が、
南海上にある前線を予想より押し下げてくれそうな気がしていた。
天気予報、石原良純氏と1度勝負してみたい気がする(笑)。

宇都宮を過ぎたあたりで、北の空が少しだけ明るい。
よし、大丈夫そうだ♪
過去1度も雨が降ったことのない、この大会。
よほどの雨男(雨女)が参加しなければ大丈夫なのかもしれない。
私は安心して、Honey Antで買った“ノア・レザン”を1本たいらげる。
もちろん、朝食はこれだけではありません。
4時半頃、しっかり食べてきましたから(笑)。

【ちなみに、今朝の朝食】
▼かきフライ
▼6Pチーズ
▼梅干1個
▼ご飯0.8合
▼林檎1個&ぶどうジュース1杯


2.招待選手の写真


那須塩原駅から、20分ほどバスに乗って会場へ。
男子更衣室になってる県北体育館のサブアリーナに腰を下ろして一息つく。今年は暖房がしてあり暖かい。
去年は暖房してなかったから寒かったんですよ〜。

レースの準備をしながら、大会パンフレットに目を通す。
そして、小出道場関係の方々のナンバーを左腕に書き込む。
この大会は、小出道場モニター7期2名の卒業レースになっています。
是非、目標を達成して欲しいと思います。

パンフレットをパラパラめくっていき、
招待選手のページでしばしフリーズ。そこには、
“のり子大好き”で有名な市民ランナーHさん(←音楽が鳴ります)の写真が載ってました。
ここまで自分の信念を貫かれると、カッコいい気がしてきます。
写真をここに載せたいけど、肖像権の問題が発生するかもしれないので、大田原のパンフを持ってる方のみ、楽しんでください♪


3.初めてのスペシャルドリンク


大田原マラソンは、一般参加者もスペシャルドリンクが置けます。
とゆー事で、今回は私も30km地点に置かせてもらいました。
中身は、MUSASHIのREPLENISH
夏場の練習の脱水状態がヒドイような気がしていたので、8月に購入。
夏が終わってからほとんど使ってなかったので、
まだ半分以上残ってます。
湿気&高温に弱いので、冷凍庫に入れてあるんですが、
容器がデカイので、冷凍庫のかなりのスペースを占領しています。
おかげで、余ったカレーを凍らせておく場所がありません(笑)。

で、スペシャルドリンクの容器は、こんな感じにしてみました。
もうすぐX’masという事で♪

drink.jpg

30km地点の受付には、女子高生が3名いたんですが、そのうち2名は爆笑してました。
「よ〜し、ウケた。今日は調子がいいかも?」と思う。


4.最後方からのスタート


レース用ウェアに着替え、スタート25分前からアップを始める。
アップの途中で、自転車に乗った小学生5人から声を掛けられる。5〜6年生くらいかな? 「頑張ってくださぁい!!」と言われたので、
「頑張るよ、ありがとう♪」と応える。
そして、そのうちの一人が、通りすがりに「死ぬなよ〜」と捨て台詞。
このくらいの年頃にありがちな、“大人への対抗意識”
笑ってしまいました。
私は、「死なないよ〜♪」と応えましたが…(←精神年齢、一緒か?)。

10分前にトイレを済ませ、スタート地点へ。
前の方は、タイムを狙うランナーで混雑してました。
その中からなんとかよこさんを発見して、エールを交わす。
そして、後の方に並ぶ。
後ろの方は、スペースに余裕があるので、
スタート直前まで、軽く体を動かしたりストレッチをしていました。

スタートの号砲が鳴りました。慌てずにゆっくりスタート。
最後方のブロックからスタートしたのに、ロスタイムは28秒。
参加人数が少ない上に、レベルが高いランナーが多いので(制限時間4時間)、前が詰まって進まないストレスがほとんどありません。

「大田原、やっぱり良いなぁ〜♪♪」

来年もこのくらいの規模であって欲しいと思います。 中編へ続く→


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
 そして、思わぬ展開に!? 続きは12/2☆

11・23の奇跡 [前編] [中編]  [後編]
posted by 廉 at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン:手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。