〓 ブログを引っ越しました 〓

『そよ風の吹く、はらっぱ』
【新URL】 http://forest6pixy.blog.fc2.com/

2007年05月12日

小布施&松代散策記

長野マラソンの前後に立ち寄った、小布施&松代の小旅行記。


1.小布施でサイクリング

長野マラソン前日(4/14)、私はレースの受付を済ませた後、小布施に行きました。
自転車に乗って体を動かしておくのが目的。
右足の指先に痛みがあったので、そこに負担をかけずに調整しようと思ったのです。

nagano 001.jpg nagano 002.jpg nagano 003.jpg

■小布施駅ホームからの風景


小布施駅で自転車を借り、千曲川沿いのサイクリング道路へ。
満開の桜が点在する川沿いの風景の中をゆっくり進みます。

最初に立ち寄ったのは、小布施総合公園。
毎年7月に開催される「小布施見にマラソン」のGOAL地点です。

青々とした芝生、そしてその向こう側にある山並みも綺麗♪
他にも美術館や庭園、そして、なぜか直線100mの陸上レーンがあったり。

高速道路のパーキング・エリアに直結している公園なので、
レストラン&売店もありました。
私は、“栗のソフトクリーム”を買い、しばらくまったりと過ごしました。
(ソフトクリームの写真は、食べるのに夢中で忘れました…(^^;;;)

nagano 005.jpg nagano 006.jpg

nagano 007.jpg nagano 004.jpg

■開放感ある公園の風景。
こんな憩いの場が身近にあるのは羨ましいです。


そして、小布施のメインストリートへ向います。
ここには、美術館や博物館、そして和風建築の建物が並んでいます。
瓦屋根で低層という昔ながらの建物と植えられている花木が見事に調和し、優しい町並みを演出しています。
この街づくりは、ほとんど住民の話し合いだけで進められて完成したそうです。素晴らしいですね♪

nagano 010.jpg nagano 012.jpg nagano 011.jpg

■左から、長野信用金庫、小布施町交番、栗菓子の小布施堂


普通なら色々な美術館の中に入ってみるんですが、今回はパス。
明日はレースなのであまり足に負担をかけたくないのと、
長野マラソン翌日(4/16)の天気が悪そうだったので、
美術館は雨の時に見学すれば良いと考えていたからです。

北斎館そばにある栗菓子の“桜井甘精堂”で、
栗おこわ(2人前)と“ひとくち栗ようかん”を2つ購入し、駅に向う。

小布施から電車で湯田中へ。
湯田中駅そばにある“駅前温泉・楓の湯”で疲れを取る。
電車のダイヤの都合でゆっくりできなかったけど(滞在時間は1時間15分)、温泉を堪能。出口付近で従業員の方に
「明日のマラソン、頑張ってください!」と声をかけられる。
ちょっとビックリ。でも、私は上下ウィンドブレーカーで身を包んでいたので、ランナーであるのはバレバレですね…(^^ゞ。
「はい、ありがとうございます!!」と答えて、駅に急ぐ。

駅に着いたのは、乗車予定の電車の5分前。危ない、アブナイ。
この電車に乗り遅れると、長野駅に到着する時間が2時間近く遅れてしまうので、乗車できてホッ♪ でした。

お腹が空いてきたので、小布施で買った栗おこわと羊羹を食べる。
栗おこわには、甘く煮た大粒の栗がたくさん入っていました。
素材の味を活かすためか、栗は優しい甘さ。ご飯も薄味。とても上品です。2人前を一気に食べてしまいそうでしたが、
明日の朝食用に半分残しました。

nagano 014.jpg

■桜井甘精堂の栗おこわ。中折(2人前):1155円
 小布施町内の“泉石亭”&“北斎亭”のみで販売。


羊羹は、栗の味が濃〜い♪
栗をたっぷり使用してるのが分かります。
固形のカロリーメイトくらいのサイズで、1本221円は高いですが、
価格に見合った味がしました。

「ああ…。なんで、もっと買っておかなかったんだろう?」
            (それよりも、明日のレースの事を考えろって!!)
ちょっと後悔。でも、善光寺御用達の店なので、長野市内でも販売してるだろう。

小布施栗の優しい味が心を和ませたのか、この日は午後10時に就寝。
ゆっくり休むことができました。
長野マラソン前日に6時間以上眠れたのは、初めてでした。



2.てくてく松代

長野マラソン翌日(4/16)は、松代へ。
小布施の美術館めぐりの予定でしたが、フルマラソン完走の疲れを癒すために、温泉に行きたくなったんです。しかも、いつもとは違う温泉に。

小布施にも温泉はあるんですが、駅から離れているし、
平日は路線バスがないようなので。
天気が良ければ自転車で行く予定だったんですが…。

長野駅からバスで約30分。
真田家ゆかりの物が多く残る城下町・松代。
特徴は、昔ながらの水質浄化設備が復元され、
その水路(泉水路と呼ばれている)が、町の一部に流れている事でしょう。この水路が、独特の町並みを作っています。

【私が辿ったコース】
松代城→真田邸(修復工事中)→真田博物館→文武学校→山寺常山亭→旧横田家住宅→長国寺→国民宿舎・松代荘(松代温泉)

真田家の私邸であった“真田邸”は、平成22年3月まで、修復工事中。
綺麗な庭園が見られるのを期待していただけに、残念。

nagano 030.jpg nagano 021.jpg nagano 022.jpg

nagano 025.jpg nagano 024.jpg

■桜の名所、松代城

nagano 035.jpg nagano 032.jpg nagano 036.jpg

■泉水路が流れる“歴史的道すじ”。

nagano 039.jpg nagano 038.jpg nagano 041.jpg

■左・中央は、国の重要文化財、旧横田家住宅。右は、真田家の菩提寺、長国寺。


かなり歩いて、やっと辿り着きました♪
最大の目的、松代温泉です!!
すぐそばにバス亭があったので、時刻表を見ると、
バスは平日2本のみ(休日は運行なし)。
1時間ちょっと後に出発するバスを逃すと、長野駅に行くには
ちょっと離れたバス停に行くか、タクシーで行くか、
歩きしかなくなってしまう状況。

「ヤバイ!! サクッと入らないと…」

風呂場の扉を開くと、温泉成分をたっぷり含んだ空気に包まれました。
湯船に流れ込むお湯は透明なのに、湯船の中は茶色に濁っています。
鉄分が多く含まれているため、空気に触れると酸化して色が変わるんでしょう。

パンフレットを見ると、温泉の特徴は、「不思議な温泉」。
何故このような泉質が湧出するのか専門家でも分からない特異な泉質なんだそうです。


私は温めのお湯にゆっくり浸かるのが好きなんですが、
半身浴でもあっという間に体が温まり、さすがの私も長く入っていられませんでした。
温泉成分が濃いのが分かります。バスの関係で長くは入浴できませんでしたが、帰りのバスの中でも体がポカポカしてました。

「良いお湯だけど、行きづらい場所にあるなぁ。車を使わないとちょっと厳しいか?」


3.最後は、やっぱり栗菓子で♪

小布施で買った“桜井甘精堂”の菓子は、長野駅の売店で見掛けたし、
東京のデパートでも購入できる事が分かり、一安心。

でもせっかくなので、長野駅近くの直営店に行ってみることにしました。
名前は、栗の木テラス。長野駅から徒歩5分。ながの東急のちょっと先にあります。
そこは、和菓子だけでなく、洋菓子も販売しています(洋菓子は、栗の木テラス限定)。

新幹線の発車まで時間があるので、その店内で、
私は“栗あんみつ”と紅茶を注文。

nagano 044.jpg

「たかが、あんみつ」と侮るなかれ!!
餡は、栗の味が口いっぱいに広がる、栗あん。
蜜は、栗の香りと柔らかい甘さが魅力の栗みつ。
栗みつは、器全体に掛けてしまうと味と香りが薄くなってしまうので、
スプーンに寒天をのせ、その上に少しずつ栗みつをかけて食べました。

とてもとても気に入ってしまったので、来年も食べに行きます♪♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
 長野での楽しみが、また一つ増えました。(^^)☆
ラベル:小布施 長野
posted by 廉 at 18:17| Comment(0) | 旅行記&写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

札幌散策記’06

北海道マラソン前日の小旅行記。
“スープカレー”、“ラーメン”、“クラーク博士”を楽しみました♪

sapporo0601

■参考にしたガイドブック


カリー専門店 Massarra


sapporo0602

■“野菜のカリー(1030円)”と“かきたまライス(300円)”

札幌パークホテルで、北海道マラソンの受付を済ませた後立ち寄る。
駅の喧騒から離れた場所にあるスープカレー専門店。
白を基調にした店内は、三軒茶屋にあるオシャレなカフェのよう。
注文したのは、“野菜のカリー”と“かきたまライス”。
“かきたまライス”は、ご飯の上に半熟玉子がのせてあります。赤いのは、トマト。

食べ方が分からないので、お店の方に教わる。
スプーンですくったご飯をカレーにつけて食べるようです。
玉子がカレーの辛さを和らげ、トマトの酸味が良いアクセントになってました。
想像してた以上の味。
この店では、好みの具材を追加できるので、自分流のアレンジが楽しめそう。

フルマラソンを翌日に控えてた私は、ライスをおかわり(←玉子抜き)。
ライスと水は、“おかわり自由”でございます♪

スープカレーは、店によって味が異なるようなので、色んな店で食べてみたくなりました。


■カリー専門店 Massarra
≪営業時間≫ 11:30〜21:00  ≪定休日≫火曜
≪TEL≫011−530−5539
≪住所≫札幌市中央区南8西11−3−10
≪交通≫地下鉄中島公園駅から徒歩10分
      (徒歩で行くなら、札幌駅からバスを使った方が無難かもしれません)


羊が丘展望台


sapporo0603 sapporo0604 sapporo0605

ホテルのチェックインして、荷物を整理した後に出発。
地下鉄福住駅からバスで10分ほど。
クラーク博士の銅像の近くまで、バスが連れて行ってくれます。
入場料は、途中から乗り込んでくる展望台の方に支払います。

私は過去3回北海道に来ていましたが、ここに来たのは今回が初めて。
観光バスのコースから外れてたり、時間が無くて行けなかったりで、
自分にとって縁遠かった場所。
だから、「今度こそ行くぞ!!」と思ってました。

バスを降りて程なく歩くと、いましたよ〜、クラーク博士♪♪
「やっと会えた…」
札幌の街を見渡せる小高い丘の上に立つクラーク博士。
「指差す方向に、一体何が見えているんだろう?」

そう考えたり、心和む風景をゆっくり楽しんでいたら、いつの間にか夕暮れに。
1時間半くらい、まったり過ごしてました。


■さっぽろ羊が丘展望台
≪営業時間≫ 8:00〜20:00 (10〜4月は、9:00〜17:00)
≪定休日≫無休  ≪入場料≫500円
≪TEL≫011−851−3080
≪交通≫地下鉄福住駅から、羊が丘線バスで約10分
      (ちなみに、札幌ドームは福住駅から徒歩10分)


狼スープ


sapporo0606

■味噌卵ラーメン(800円)

本日の夕食♪ 
「“札幌ラーメン”といえば、やはり味噌あじ」という考えを根強く持ってる私は、
数あるラーメン店から、味噌ラーメンの店を選択。場所は、中島公園近く。
そのお味は??

むっちゃ美味い!!(感涙)

スープ、麺から具材まで。
「何でこんな味が生み出せるんだろう?」 「大将、凄いぜ!!」
「このラーメンが何故美味いか?」を言葉で表現するなんて、野暮。

それは、感性に訴えかける味だから♪

店内には、有名人のサインが10枚くらいありました。
「もし、私が有名人だったら、たとえ貼ってくれなくてもサインを置いていくぞ!!」
と思いました。

私は来年の北海道マラソンに行く予定を一応していますが、
自分にとっての“道マラ”の位置づけは、
他に遠方の大会に出場する場合(ex.国際青島太平洋マラソン、仙台国際ハーフetc.)、
立ち消えになってしまいそうな微妙な位置にあります。でも、

「このラーメン、また食べたい♪」

という心の欲求が、私を迷わせる…(笑)。

「私が陸連登録して、ハーフマラソンで1時間18分を切るタイムを出し、
7月にこのラーメンを食べる」というのが、理想的な展開なんだけど…(厳しいなぁ〜)。


■狼スープ
≪営業時間≫ 11:00〜16:00 (土日祝日は、〜20:00) ≪定休日≫水曜
≪TEL≫011−511−8339
≪住所≫札幌市中央区南11西1−5−1
≪交通≫地下鉄中島公園駅から徒歩7分 (ライフォート札幌ホテル裏)


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
狼スープ。罪作りな店だ…(笑)☆
ラベル:北海道
posted by 廉 at 18:06| Comment(0) | 旅行記&写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

花の風景'05(夏)


千葉公園の大賀ハス


hana_n0501

「ハスの開花は早朝」という事で、
朝7時に千葉公園に着いたんですが…



hana_n0502

すでにカメラやスケッチブックを持ったおじさん&おばさん達で、
小さな蓮池は一杯でした。



hana_n0503

今年は、ハス池に藻が発生した為に、生育が良くないようです。残念!


おしまいend

ラベル:写真
posted by 廉 at 22:00| 旅行記&写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。